バンコクで駄目日本人になりたい

バンコク・パタヤなどタイの旅行記・レストラン情報などと言いつつ最近は国内旅行が

プロフィール

チキン



damenihonjin.gif

 

タグクラウド

最近の記事+コメント

 

カテゴリー

 

月別アーカイブ

マカオ歴史地区 世界遺産を巡る 聖ポール天主堂跡 Ruínas de S. Paulo

2017/09/30(土) 12:45

DSC00627.jpg
Ruínas de S. Paulo / SONY DSC-RX100M3 24mm F5.6 1/100 ISO125


こんちは( ^_^)/頑張ってるつもりなんですが、なかなか痩せないチキンです。

マカオの世界遺産巡りの記事に戻ってきました。

セナド広場と、その周辺の世界遺産を観光して、いよいよ、自分的には世界遺産観光のメインと位置付けている、聖ポール天主堂跡へ向います。

セナド広場から観光客の人の流れに沿って歩いていきます(世界遺産を観光してて思ったんですが、観光客がまばらな感じなんですよね、もちろん、台風の影響もあったかとは思うんですが。しかしながら、セナド広場から聖ポール天主堂跡にかけては、かなりの人出でした。やはり、ここがマカオ観光のメインなんでしょうね。)

DSC00623_Fotor.jpg

人多いよなー、などと思いながらプラプラ歩いていると、突然現れます。

自分は、こういったものにあまり感動するタイプではないので(かなり前になりますが、トルコのイスタンブールに行った時に、ガイドの方に、「あなたには一体何を見せたら感動してくれるんだ。」と言われたことがありますので(^^;;)、大体はこういったものを見ても、

ほぅ。

という感じなのですが、聖ポール天主堂跡の場合は、突然現れたこともあって。

おぉ。

という感じでした(さほど違いがないようにも思えますが)


聖ポール天主堂跡は、1602年から1640年にかけて建設され、1835年に火事で崩壊した聖母教会と教会の隣に建てられた聖ポール大学跡の総称です。当時の聖母教会、聖ポール大学およびモンテの砦は全てイエズス会による建築物であり、マカオの「アクロポリス」のような存在だったと考えられています。近くには聖ポール大学の考古学的な遺跡が残っており、細密な教育プログラムを整備した東洋初の西洋式大学であった歴史を物語っています。今日では、聖ポール天主堂跡のファサード(正面壁)はマカオのシンボルとして街の祭壇のような存在となっています。(マカオ観光局HP)


ちなみに聖ポール天主堂跡前のイエズス会記念広場も世界遺産です。

DSC00624_Fotor.jpg

天気が良かったこともあってなかなか壮観ですね。

DSC00626.jpg

近づくとやはり迫力がありますね。

DSC00643.jpg

こちらは少しマニアックな撮影スポットですね。分かりにくいとは思いますが、建物と建物の間から聖ポール天主堂跡が見えています。(撮影している人は結構いましたね。)

DSC00640.jpg

裏側はこうなっとります。

DSC00634.jpg

モンテの砦へも行ってみました。

なかなかハードな坂道を登っていきます。


1617年から1626年にかけてイエズス会の協力のもとに築かれたマカオ最強の防御施設です。砦には大砲、軍部宿舎、井戸のほか、2年間の攻撃に耐えうるよう兵器工場や貯蔵庫もありました。砦は台形で、10,000㎡に及びます。要塞の四隅は防御能力を高めるために突き出すように設計されました。(マカオ観光局HP)


DSC00633.jpg

少し登ったところから見た聖ポール天主堂跡。

DSC00631.jpg

途中にこんなのもありました。

で、やっとこさ登ってきたのですが、

DSC00632.jpg

こちらも台風の影響で立入禁止。

仕方ないので下から撮影した画像を載せておきます、少しだけ大砲の先っぽが見えてますね。

聖ポール天主堂跡の近くの世界遺産も載せておきます。

DSC00644.jpg

こちらは、ナーチャ廟です。


神童ナーチャを奉るため1888年に建立されたこの小さな伝統的中国寺院は、地域の主要なイエズス会事業跡の近くにあり、マカオが多文化的なアイデンティティと信教の自由を受け入れた最も良い例の一つとして、西洋と中華の思想交流の姿を表しています。(マカオ観光局HP)

DSC00647.jpg

ナーチャ廟の横の旧城壁も世界遺産です。


569年には築かれていた防御壁の残存部分は、ポルトガル人がアフリカやインドでも行った彼らの居住エリアを守るための城壁の遺跡です。マカオでは、特に土砂、ワラ、牡蠣の貝殻を混ぜ、木製の枠に流し込んで押し固めた「シュウナンボー」という地元の技術および材料を使用する事で、何層にも重ねて城壁が作られました。(マカオ観光局HP)


DSC00650.jpg

ナーチャ廟をあとにさらに北上します。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
香港・マカオCM:0
<< マカオ歴史地区 世界遺産を巡る 聖アントニオ教会 聖安多尼教堂ホーム全記事一覧朝食 コンラッド・マカオ・コタイ・セントラル 2017.08 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Twitter

リンク

 


プラクルアン プラの道

あわせて読みたいブログパーツ



メールフォーム

名前:
メールアドレス:
タイトル:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright(C) 2006 バンコクで駄目日本人になりたい All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.