バンコクで駄目日本人になりたい

バンコク・パタヤなどタイの旅行記・レストラン情報などと言いつつ最近は国内旅行が

プロフィール

チキン



damenihonjin.gif

 

タグクラウド

最近の記事+コメント

 

カテゴリー

 

月別アーカイブ

マカオ歴史地区 世界遺産を巡る 聖ポール天主堂跡 Ruínas de S. Paulo

2017/09/30(土) 12:45

DSC00627.jpg
Ruínas de S. Paulo / SONY DSC-RX100M3 24mm F5.6 1/100 ISO125


こんちは( ^_^)/頑張ってるつもりなんですが、なかなか痩せないチキンです。

マカオの世界遺産巡りの記事に戻ってきました。

セナド広場と、その周辺の世界遺産を観光して、いよいよ、自分的には世界遺産観光のメインと位置付けている、聖ポール天主堂跡へ向います。

セナド広場から観光客の人の流れに沿って歩いていきます(世界遺産を観光してて思ったんですが、観光客がまばらな感じなんですよね、もちろん、台風の影響もあったかとは思うんですが。しかしながら、セナド広場から聖ポール天主堂跡にかけては、かなりの人出でした。やはり、ここがマカオ観光のメインなんでしょうね。)

DSC00623_Fotor.jpg

人多いよなー、などと思いながらプラプラ歩いていると、突然現れます。

自分は、こういったものにあまり感動するタイプではないので(かなり前になりますが、トルコのイスタンブールに行った時に、ガイドの方に、「あなたには一体何を見せたら感動してくれるんだ。」と言われたことがありますので(^^;;)、大体はこういったものを見ても、

ほぅ。

という感じなのですが、聖ポール天主堂跡の場合は、突然現れたこともあって。

おぉ。

という感じでした(さほど違いがないようにも思えますが)


聖ポール天主堂跡は、1602年から1640年にかけて建設され、1835年に火事で崩壊した聖母教会と教会の隣に建てられた聖ポール大学跡の総称です。当時の聖母教会、聖ポール大学およびモンテの砦は全てイエズス会による建築物であり、マカオの「アクロポリス」のような存在だったと考えられています。近くには聖ポール大学の考古学的な遺跡が残っており、細密な教育プログラムを整備した東洋初の西洋式大学であった歴史を物語っています。今日では、聖ポール天主堂跡のファサード(正面壁)はマカオのシンボルとして街の祭壇のような存在となっています。(マカオ観光局HP)


ちなみに聖ポール天主堂跡前のイエズス会記念広場も世界遺産です。

DSC00624_Fotor.jpg

天気が良かったこともあってなかなか壮観ですね。

DSC00626.jpg

近づくとやはり迫力がありますね。

DSC00643.jpg

こちらは少しマニアックな撮影スポットですね。分かりにくいとは思いますが、建物と建物の間から聖ポール天主堂跡が見えています。(撮影している人は結構いましたね。)

DSC00640.jpg

裏側はこうなっとります。

DSC00634.jpg

モンテの砦へも行ってみました。

なかなかハードな坂道を登っていきます。


1617年から1626年にかけてイエズス会の協力のもとに築かれたマカオ最強の防御施設です。砦には大砲、軍部宿舎、井戸のほか、2年間の攻撃に耐えうるよう兵器工場や貯蔵庫もありました。砦は台形で、10,000㎡に及びます。要塞の四隅は防御能力を高めるために突き出すように設計されました。(マカオ観光局HP)


DSC00633.jpg

少し登ったところから見た聖ポール天主堂跡。

DSC00631.jpg

途中にこんなのもありました。

で、やっとこさ登ってきたのですが、

DSC00632.jpg

こちらも台風の影響で立入禁止。

仕方ないので下から撮影した画像を載せておきます、少しだけ大砲の先っぽが見えてますね。

聖ポール天主堂跡の近くの世界遺産も載せておきます。

DSC00644.jpg

こちらは、ナーチャ廟です。


神童ナーチャを奉るため1888年に建立されたこの小さな伝統的中国寺院は、地域の主要なイエズス会事業跡の近くにあり、マカオが多文化的なアイデンティティと信教の自由を受け入れた最も良い例の一つとして、西洋と中華の思想交流の姿を表しています。(マカオ観光局HP)

DSC00647.jpg

ナーチャ廟の横の旧城壁も世界遺産です。


569年には築かれていた防御壁の残存部分は、ポルトガル人がアフリカやインドでも行った彼らの居住エリアを守るための城壁の遺跡です。マカオでは、特に土砂、ワラ、牡蠣の貝殻を混ぜ、木製の枠に流し込んで押し固めた「シュウナンボー」という地元の技術および材料を使用する事で、何層にも重ねて城壁が作られました。(マカオ観光局HP)


DSC00650.jpg

ナーチャ廟をあとにさらに北上します。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
香港・マカオCM:0

朝食 コンラッド・マカオ・コタイ・セントラル 2017.08

2017/09/27(水) 21:15

DSC00434.jpg
CONRAD MACAO,COTAI CENTRAL / SONY DSC-RX100M3 24mm F1.8 1/13 ISO800


どもども、こんばんは( ^ ^ )/

香港行きのチケットを買ってしまったチキンです(^◇^;)

さて、本日は世界遺産巡りのエントリーはお休みして、ホテルのクラブ・ラウンジの朝食をご紹介しようと思います。

2泊分の朝食の画像と少しだけですがアフターヌーンティーの画像をアップします。

イブニング・カクテルの時と同様に混雑しておらず、ゆったりと朝食をいただくことができて、とても良かったです。

まずは1泊目の朝食です。

DSC00441.jpg

最初はサラダから。

旅行に出ると(と、いうか普段から慢性的にではあるんですが)どうしても野菜不足になりがちですので、気持ちと時間に余裕がある時は野菜を摂るようにしています。

DSC00444.jpg

エッグステーションもあって好みの卵料理を作っていただけます。この日はハム、オニオン、マッシュルームのオムレツにしてみました(なんで、そんな細かいことまで覚えてんのかって…ほぼほぼいつも同じ注文だからです(^^;;

あ、ちなみにですが、全部入りっ!ってドヤ顏で言う人はキライです(^ ^)

DSC00449.jpg

エッグステーションだけでなくヌードルバーも、と言いたいところなんですが、卵料理とヌードルは一人で担当されてまして、ヌードルは日替わりで1種類です。(少し画像が暗いですね、すみません。ホントはもっと美味しそうな見た目ですので。)

それでも、ラウンジの朝食でヌードルが用意されているのはポイント高いと思います。

この日は画像の雲呑麺でした。

画像でもわかると思うんですが、雲呑がなかなかのボリュームです。味の方も海老がしっかり入ってるって感じでとても美味しかったです。自分がこれまで日本で食べたことのある雲呑とはかなり違いましたね。

あ、麺は、日本の麺の方が好みでした。

DSC00447.jpg

点心もありました。

DSC00446.jpg


続いて2泊目の朝食です。

DSC00729.jpg

2泊目もまずはサラダです。

DSC00733.jpg

卵料理はスクランブルエッグにしてみました。

DSC00730.jpg

この日はフィッシュボール・ヌードルでした。

フェリーで香港へ移動する日でしたんで、船酔いのことなども考えまして、朝食は少なめに、ヌードルはやめとこうと思っていたのですが、ラウンジ・スタッフの方に、今日はフィッシュボール・ヌードルですよ、是非どうぞ、などとオススメされてしまいまして…

では、ということでいただきました。もしかしたら、前日、雲呑麺にガッつく姿を見られていたのかもしれません(・_・;

フィッシュボールは、自分が食べたことのあるタイのクイッティアオなんかに入っているルクチン(でしたっけ?)と比べると、魚のすり身感(どんな感やねん)があって美味しかったです(すみません、上手にお伝えする言葉を見つけるのがなかなか難しいです。)

DSC00728.jpg


DSC00735.jpg

マカオで有名なエッグタルトもありました。


あと、1回だけしか行ってないので、少ないですがアフターヌーンティーの画像も載せておきます。

DSC00702.jpg


DSC00705.jpg


料理も種類豊富で美味しかったですし、空いていたからかもしれませんが、ラウンジ・スタッフの方の対応も素晴らしく、両日ともにとても満足した朝食でした。

初めてのマカオなんで、当たり前ですが、マカオのホテルはコンラッド・マカオしか泊まったことがないんで他と比較してどーのこーのってことは分からないんですが、自分的には非常に満足度の高いホテルでオススメできるホテルだと思ってます。





にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
ホテルCM:0

あまりの暑さにセナド広場近くの中華料理店で青島ビールを一気飲み

2017/09/24(日) 11:20

DSC00592.jpg
Senado Square,MACAU / SONY DSC-RX100M3 24mm F5/6 1/800 ISO125


こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

セナド広場とその周辺の観光を終えて次はいよいよ聖ポール天主堂跡へ、というところだったんですが、暑い中、媽閣廟から歩いてきて(途中、タクシーが見つからず歩き回ったりもしたので)、喉が乾いてお腹が減って、こりゃエネルギー補給しないと駄目だなとなってしまいました。

旅行に出発して以来、飲み過ぎ、食べ過ぎが続いていたので、この日は昼食は食べずにおこうかなと思っていたのですが、あまりの暑さにギブアップです。

もともと食べるつもりがなかったのでレストラン等のリサーチはしてませんでした。

セナド広場の辺りをプラプラしてみて、行列が出来ているお店なんかもあって興味を惹かれないことはなかったのですが、それよりも早くビール飲みたい、並んでなんかいられない!

DSC00611.jpg

と、いうことで入ったのが空いていたこちらのお店(空いていたというか、客は自分ひとり、後から3組ぐらい来たかな)。

とりあえず中華だったら味も無難じゃないかと思ってこちらのお店にしたんですが、今考えるとせっかくだからポルトガル料理のお店にでもすればよかったかなぁ、と思います。

ただ、その時は、ホントに喉が渇いて、お腹が減って、そこまで考え及ばなかったですね。

DSC00608.jpg

まずは青島ビール(一応、入店時にビールありますよね、と確認してから入りました。)

いやぁ、このビールがホントにしみわたりましたね。ほぼほぼ一気飲みでした\(//∇//)\

食事の方は、これが一番無難だろうと思い、

DSC00609.jpg

炒飯にしてみたんですが…

これがイマイチ。

値段もセナド広場の近くということもあって、観光地値段なのかもしれませんが、日本と同じか少し高いぐらいのいい値段がするんですが、イマイチ。

この炒飯ならば、

IMG_1087_201709212128477f8.jpg

マカオの、とあるところで食べた免費のこちらの炒飯の方が断然美味しかったです。

この炒飯はホントに美味しくて、昔タイで食べた美味しいカオパットの味を思い出させてくれるような炒飯でした。

さて、エネルギー補給も完了したので、また歩きます。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
香港・マカオCM:0

マカオ歴史地区 世界遺産を巡る 聖ドミニコ教会 Igreja de S. Domingos

2017/09/23(土) 12:22

DSC00604.jpg
Igreja de S. Domingos,MACAU / SONY DSC-RX100M3 24mm F5/6 1/800 ISO125


こんにちは。

人間ドックの結果が思ったより良くてホッとしているチキンです。これに油断することなく頑張らねばいけません(^ ^)

さて、本日は、自分が見学させていただいたセナド広場周辺の世界遺産をご紹介します。

まずはトップの画像の聖ドミニコ教会です。

セナド広場から聖ポール天主堂跡へ向かう途中にあるので、かなり賑わってましたね。


1587年、メキシコのアカプルコから来た3人のドミニコ会スペイン人修道士によって建てられた教会で、ロザリオの聖母が祀られています。1822年9月12日、ここで中国初のポルトガル語の新聞「A Abelha da China (「The China Bee」)」が発刊されました。かつて建物の裏手にあった鐘楼は、小さな宗教芸術の博物館として改築され、現在は約300点の宗教的装飾品などを展示しています。(マカオ観光局HP)


DSC00671.jpg

こちらは三街會館(関帝廟)、観光客は全然いなかったです。

DSC00672.jpg

写真にも煙が写っていますが、中でお線香を焚いています。

分かりにくいとは思いますが、画像で建物の中の釣鐘型の蚊取り線香のようなのがお線香です。いっぱいありますね。


かつての中国市場があったあたりは、今も市場(營地街市)が建っています。西洋式のセナド広場に接して、この中国式寺院が存在する姿から、二つの文化の共生を見ることができます。関帝廟は、中国商工会議所の前身として中国系事業組合と長年密接に関わっています。(マカオ観光局HP)


DSC00617.jpg

続いてはカテドラル(大堂)です。

DSC00613.jpg

その前の大堂広場も世界遺産です。

先述のとおり予習不足で、ここも世界遺産だとは知りませんでした。この近くにある盧家屋敷は見逃してしまいました。


1622年に建てられた大聖堂で、聖母マリア誕生に捧げられ、マカオのカトリック教会の中心的役割を担っています。昔は周りに高層ビルがなかったため、それから海を眺めることができたので、船乗りの妻たちはこの教会で夫が帰ってくるのを見ていました。そのため「望人寺(人待ち寺)」とも呼ばれていました。「キリスト受難行列」の儀式もここで行われます。(マカオナビ)


次はいよいよマカオのシンボリックな世界遺産、聖ポール天主堂跡へ向かいます。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
香港・マカオCM:0

マカオ歴史地区 世界遺産を巡る セナド広場 Largo do Senado

2017/09/22(金) 21:34

DSC00578.jpg
Largo do Senado,MACAU / SONY DSC-RX100M3 70mm F5.6 1/640 ISO125


こんばんは。

聖オーガスティン広場からセナド広場へ向かいます。

DSC00571.jpg

こんな感じのところを歩いていきます。

セナド広場は、マカオの世界遺産の中でも最も有名な場所のひとつだと思うんですが、セナド広場に面した建物も世界遺産になっています。

DSC00577.jpg

こちらは民政総署ビルです。


1784年に建築された建物は、マカオ初の市議会所有のものであり、現在もその機能を果たしています。「レアル・セナド」(忠誠なる評議会)という名称は、1654年にポルトガル王ドン・ジョン4世がマカオを褒め称えた言葉「神の名の街マカオ、他に忠誠なるものなき」に由来するものです。民政総署は新古典様式で、壁、レイアウト、裏庭に至るまで当時のまま残されています。二階には公式行事などで使用される議事室と、ポルトガルのマフラ宮殿の図書館を模した重厚な図書館と、小さなチャペルがあります。(マカオ観光局HP)


DSC00581.jpg

そして、仁慈堂です。


1569年に初代マカオ司教によって設立された施設で、祖国ポルトガルで最も著名かつ古い慈善団体の建物をモデルに建立されました。マカオで最初の西洋式病院と今でも運営されている慈善福祉施設の創設に深く関わりました。建物は新古典様式ですが、マヌエル様式の影響もうかがえます。(マカオ観光局HP)


そして、仁慈堂の左側の道を入っていきますと、

DSC00597.jpg

こんな感じになってまして、右側、手前から3つ目の扉が仁慈堂博物館(料金は5マカオパタカです。)の入り口です。

DSC00587.jpg


DSC00585.jpg


DSC00586.jpg

カトリックゆかりの品々が展示されています。

この博物館は2階部分にあって、

DSC00588.jpg

このような素敵なテラスがあります。

ここから、

DSC00594.jpg

上からの角度でセナド広場をいい感じで撮影できます。

DSC00596.jpg

自分が行った時も誰もいませんでしたし、じっくりセナド広場を鑑賞、撮影するなら穴場ではないかと。広場のタイルの模様もよく分かります。





にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
香港・マカオCM:0

マカオ歴史地区 世界遺産を巡る ロバート・ホー・トン図書館

2017/09/21(木) 19:26

DSC00569.jpg
Biblioteca Sir Robert Ho Tung / SONY DSC-RX100M3 24mm F5.6 1/250 ISO125

こんばんは。

今回、マカオの世界遺産巡りをして、たくさんの歴史的建造物を見ることができたんですが、自分的には、このロバート・ホー・トン図書館が建物としては1番美しかったのでは思っております。

DSC00563.jpg


1894年以前に建築された建物は、元々はドナ・キャロリーナ・クンハの住居でした。1918年に香港の事業家ロバート・ホー・トン卿がこれを購入し、別荘として使用していました。1955年の彼の死後、遺言に従ってマカオ政府に寄贈され、図書館として改築されました。(マカオ観光局HP)


DSC00567.jpg

美しいだけではなく、現在も図書館として利用されているというところが素晴らしいですね

DSC00566.jpg

マカオの世界遺産は現在も現役で利用されているところが少なからずあって、本当に街に溶け込んでいる感じがしますね。

DSC00568.jpg


DSC00561.jpg

ロバート・ホー・トン図書館の前の聖オーガスティン広場も世界遺産です。

この広場の周りは世界遺産が目白押しです。

DSC00552.jpg

こちらはドン・ペドロ5世劇場

DSC00555.jpg


1860年、中国で最初の西洋式劇場として300席を設けて建築されました。地元マカオのコミュニティーにおける非常に重要な文化的名所として残っており、現在も重要な公共の催事や祝賀会の会場として使用されています。(マカオ観光局HP)


DSC00556.jpg

聖ヨセフ修道院です(内部は非公開)。


1728年に聖ポール大学とともに創設された聖ヨセフ修道院は、中国、日本および近隣における宣教活動の主要拠点でした。聖ヨセフ修道院は大学と同等の教育課程を持ち、1800年にはポルトガル女王ドナ・マリア1世から「伝道信徒団の館」という王家の称号が与えられました。(マカオ観光局HP)


しかし、今回は完全な予習不足(聖オーガスティン広場が世界遺産ということも知りませんでした)で、残念ながら聖オーガスティン教会と聖ヨセフ修道院の聖堂は見逃してしまいました。

この後、セナド広場まで歩きました。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
香港・マカオCM:0

Conrad Macao クラブラウンジ イブニングカクテル 2017.08

2017/09/20(水) 19:42

DSC00425.jpg
Club Lounge Evening cocktails,Conrad Macao / SONY DSC-RX100M3 24mm F1.8 1/30 ISO400


こんばんは。

世界遺産観光の記事ばかりが続くと変化がないんで、ホテルの記事を挟んでみます。

コンラッド・マカオのクラブラウンジ、イブニング・カクテルの様子をご紹介したいと思います。

最初に感想から言ってしまうと…

大満足でした( ^ω^ )

まず、何と言っても一番良いのが、

DSC00419.jpg

空いてました。

1泊目は開始時間を少し過ぎた頃にラウンジに行ったんですが、なんと自分1人だけでした。その後、2、3組いらっしゃいましたが、画像の通りかなりの席数があるラウンジですので、それぐらいなら混雑感は皆無です。

自分が宿泊したのが、月曜、火曜だったこと、あと台風の影響も少なからずあったのかもしれません。

2泊目のイブニングカクテルも同じような感じでしたね。

そして、フード、ドリンクなんですが、

DSC00415.jpg


DSC00416.jpg


DSC00417.jpg

画像のとおり、かなりの充実っぷりです。ラウンジにあんな生ハムがあるの初めて見ましたよ。素晴らしいです。

自分がいただいたものもアップしておきます。

DSC00418.jpg

ゲストが少ないということもあるんだと思いますが、ラウンジスタッフの方のサービスも素晴らしかったですね。

DSC00423.jpg

1泊目に行った時のことなんですが、自分はタイ文字の書かれたTシャツを着ておりまして、そのせいか、とあるラウンジスタッフの方に声をかけていただきました。

DSC00707.jpg

聞けば彼はチェンマイ出身で、現在はコンラッド・マカオで働いているとのこと。

タイのことを色々とお話しさせていただきました。

DSC00708.jpg

自分の拙い英語と拙いタイ語にお付き合いいただきましてありがとうございました。とても楽しかったです。

DSC00718.jpg


DSC00426.jpg

ホントに充実したイブニング・カクテルでございました。ありがとうございました。





にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
ホテルCM:0

マカオ歴史地区 世界遺産を巡る 鄭家屋敷から聖ローレンス教会へ

2017/09/19(火) 19:41

DSC00527.jpg
Casa do Mandarin,MACAU / SONY DSC-RX100M3 24mm F4.0 1/500 ISO125


こんばんは。

リラウ広場からすぐの鄭家屋敷(Casa do Mandarim 鄭家大屋)です。

DSC00528.jpg



中国近代の思想家、鄭觀應の故居で1811年に建てられました。西洋の建築手法を取り入れた、初期のマカオの中国建築といわれています。敷地面積は4000平方メートルもあり、多い時で300名ほどが住んでいました。2002年からの修復で、長い間、公開されていませんでしたが、2010年2月に修復を終え、一般公開されるようになりました。(マカオナビ)


DSC00522.jpg

こちらには受付のようなところがあって(入場料は無料なんですが)、どっから来たか聞かれました。

ウェブサイト(http://www.wh.mo/mandarinhouse)もあるようなんで、そういったものの運営の参考にでもするんですかね。

DSC00525.jpg

そういえば、金沢の兼六園に行った時も、受付で外国の方にはどっから来たか聞いてましたね。

DSC00526.jpg

続いて、聖ローレンス教会へ向かいます。

DSC00531.jpg

こんな感じの道を進んでいきます。何度も言って申し訳ないですが、暑かったです。

DSC00533.jpg

到着(^o^)/

DSC00547.jpg

内部も見学させていただきました。

DSC00538.jpg

こんな感じです。

そして、こちらの教会で、何と言っても美しいのが、

DSC00539.jpg

ステンドグラスです。

結構な枚数撮影したんですが、この写真がまだ何とかって感じです。この時は、ニコン持って来れば良かったかなぁ、なんて思ったんですが、よく考えたら、この暑さの中で、重たいニコン持ってこんなに歩くの無理!

それに、カメラが良くても腕が、っつーところがありますからね。

DSC00546.jpg


DSC00545.jpg

まだまだ歩きます。






にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
香港・マカオCM:0

マカオ歴史地区 世界遺産を巡る 媽閣廟 マー コ ミュウから歩いて北上

2017/09/18(月) 11:54

DSC00494.jpg
A path leading to world heritage,MACAU / SONY DSC-RX100M3 24mm F4.0 1/160 ISO125


どもども(^o^)

さて、ギア要塞の見学を終えた後は予定通りタクシーで媽閣廟(マー コ ミュウ)へ、

ということろだったんですが…

なかなかタクシーが見つかりません(゚´Д`゚)

マカオはホテルなど特定の場所以外ではタクシーを見つけるのに結構苦労するかなぁという印象でした。

暑い中かなり時間がかかって、やっと見つけたタクシーなんですが、乗務員さんはかなり若い方で…

コイツ(方からコイツに格下げ(-∀-)が、飛ばす飛ばす。

オマエはスワンナプームに向かうバンコクのタクシードライバーか、と、ツッコミを入れたくなるほどでした。

そして、ぶっ飛ばしながら、スマホをイジるイジる。気のいい兄ちゃんだったんすけどね。

マカオでは5回タクシーに乗ったんですが、この方以外は極めて安全運転でしたので。

DSC00502.jpg

ハラハラドキドキしながら媽閣廟に到着です。


媽閣廟があるバラ岬は、ポルトガル人が最初に植民を行った場所と信じられていて、「媽閣」の広東語読みがマカオの名前の由来になったとされています。阿媽は海の女神で、台湾や中国南方で信仰されている神様です。媽閣廟にある4つある廟のうち、3つに阿媽が祀られています。毎年、旧暦3月23日に阿媽の誕生日を祝う祭りが行われます。(マカオナビ)


DSC00503.jpg

なんか沖縄っぽいなぁと思うのは自分だけでしょうか(首里城とかとイメージがかぶります)。

DSC00510.jpg

お願い事いっぱい。

DSC00499.jpg

媽閣廟の前のバラ広場も世界遺産です。

DSC00516.jpg

続いては、媽閣廟から歩いてすぐの港務局ビル(Quartel dos Mouros 港務局大樓)です。


1874年、マカオの警察部隊を補強するためにインド・ゴアから派遣された連隊の宿泊施設として建築されました。現在は海事水務局として使用されています。建物はムガール帝国の建築要素を反映した新古典様式の建築です。(マカオ観光局HP)


DSC00517.jpg

こんな素晴らしいデザインの建築が1874年のものだなんて驚きです、

DSC00518.jpg

港務局ビルから、こんな感じの道を暫し歩きます。それにしても暑かった。

DSC00519.jpg

リラウ広場に到着しました。


リラウとはポルトガル語で山からでた湧き水のことです。昔、ここはマカオの貴重な水源のひとつで、ポルトガル人が早くから居住していた地区でした。当時の民謡に「リラウの水を飲んだ者はマカオを決して忘れない。マカオで家を持ち、マカオに帰るだろう」という歌があり、ここから湧き出る水はそれほどポルトガル人によって貴重でした。現在ではこの井戸はマカオ政府によって、ふさがれています。(マカオナビ)


ほのぼのとしたいい感じの場所でした。

次回に続きます。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
香港・マカオCM:0

マカオ歴史地区 世界遺産を巡る ギア要塞 Guia Fortress

2017/09/17(日) 13:29

DSC00467.jpg
View of Grand Lisboa Hotel from Guia Fortress / SONY DSC-RX100M3 70mm F5.6 1/125 ISO125


ども、エセレブです(○゚ω゚)ノ

マカオ滞在2日目は移動もお休みで丸一日フリーですので、出発前から世界文化遺産の見学をしようと決めておりました。

天気も良く(かなり暑かったです)しっかりと観光してきましたので、何回かに分けてお届けしたいと思ってます。

マカオの世界遺産は22の建築物と8カ所の広場で、合わせて30、絶対にコンプリート、というわけではありませんが、出来るだけたくさん見たいなと思い、どのような順序で見学するのが効率的か、ネットで旅行記などを見て考えた結果、

1つだけ少し離れた場所にあるギア要塞に最初にホテルからタクシーで行って、その後、またタクシーで媽閣廟まで移動、そこから歩いて北上しながら見学する、というのが効率的ではないかと。

ということで、まずはタクシーでギア要塞まで。かなり高台までタクシーでやってきましたが、まだそこから徒歩で登ります。

DSC00461.jpg

途中に白い鳩がいました。人に慣れてるのか、なかなか逃げません。可愛いですね。

そして、ほぼほぼ登りきったあたりが、ギア要塞の一番の見所であるギア教会とギア灯台なんですが・・・

DSC00474.jpg

立入禁止でした(゚д゚)鳩は入っとりますが(^-^)

実は、自分がマカオにやってくる直前に台風13号(何の因果か名前がハトです)がマカオを直撃し、死者も出るなど相当な被害があったようです。

DSC00465.jpg

ギア要塞も画像のようにところどころひどい状況で立入禁止もその影響だと思われます。

DSC00480.jpg

こちらもひどいですね。

後々出てくるんですが、自分が行った世界遺産でギア要塞以外にも台風の被害の影響で入場できないところがいくつかありました。それはそれで残念ではあったんですが、というよりも、そんな時にのこのこ遊びに来てすんませんって感じでした。

DSC00471.jpg

ギア灯台は後側からなんとか見えました。

DSC00476.jpg

世界遺産には、このような案内があります。日本語の案内もあるのでありがたいですね。

マカオ観光局HPのギア要塞の説明を貼っておきます。

1622 年から1638年にかけて築かれた要塞内にあるギア教会は、聖クレア修道院を建設する前にギアの丘に居住していたクラリスト修道女によって建立されたものです。ギア教会の精巧なフレスコ画は、宗教的および神話的なモチーフを表した西洋と東洋双方のテーマを扱っていることから、マカオの多文化的融合をよく表しているといえます。同じ敷地内に建つギア灯台は、1865年に中国沿岸初の近代的灯台として建てられたものです。教会と灯台、そしてギア要塞は合わせてマカオの過去の海事、軍事および宣教を表すシンボルと言えるでしょう。

DSC00482.jpg


DSC00479.jpg


DSC00483.jpg


DSC00487.jpg

高台にあるのでとても景色がいいですね。

では、予定通りタクシーで媽閣廟に向かいます。


台風で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被害にあわれた方々が1日も早く元の生活に戻れることをお祈りしています。






にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
香港・マカオCM:0

コンラッド マカオ キング デラックス シティビュー スイート

2017/09/16(土) 14:54

DSC00385-1.jpg
Conrad Bear,Conrad Macao Cotai Central / SONY DSC-RX100M3 24mm F1.8 1/30 ISO320



こんにちは。

コンラッド マカオのお部屋紹介の続きです。

DSC00391.jpg

クマだけではなくアヒルもおります。

こちらのコンラッドダックは、画像では分かりにくくて申し訳ないですが、マカオらしく中にダイスが2つ入っています。

DSC00388.jpg

シャワーだけで済ませてしまったので、残念ながら一度も使いませんでした。

DSC00376.jpg

こちらのテーブルなんですが、よく見ると、

DSC00404.jpg

電話とネットが無料のスマホまで用意されております。

DSC00383.jpg

ウェルカムギフトはスペイン、バルセロナ発のパパブブレのキャンディ。

見た目も良いですが、実際、食べてみてとても美味しかったです。

DSC00371.jpg

喫煙ルームを用意していただきました。

スイートルームは禁煙ルームのみというホテルも多い中、ありがたいことです(タバコやめたいなぁー、切実)

DSC00370.jpg

コーヒーマシンも装備、画像には1本だけしか写ってませんが、お水も豊富に用意していただいてました。

DSC00395.jpg

部屋からの景色はこんな感じです。

DSC00396.jpg

下を見るとこんな感じですね。

DSC00724.jpg

手持ちなんで全然上手く撮れてませんが、夜もなかなかキレイでした。

DSC00725.jpg

最後に、部屋の冷蔵庫にあったビール。

見たことないビールだったんで試しに飲んでみましたが、フツーでした。


昨日、今日とコンラッド マカオで宿泊したお部屋を紹介しましたが、今回のお部屋は、自分がヒルトンHオナーズの会員になって以来一番のアップグレードだったと思います。

これもダイヤモンドの力でしょうか(クレジットカードの恩恵を受けているだけの、ずるっこダイヤモンドなんですが)

ではでは。





にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
ホテルCM:0

コンラッド マカオでスイートルームにアップグレード

2017/09/15(金) 19:45

DSC00737.jpg
Conrad Macao Cotai Central / SONY DSC-RX100M3 24mm F1.8 1/30 ISO400

こんばんは(^-^)/

昨晩、飲み過ぎもそうなんですが、はしゃぎ過ぎてしまって、いつもながら自己嫌悪のチキンです。人間ドックも目の前なのに、こんなことではいかん!!

さて、本日は前回のエントリーでもったいぶってしまったコンラッド・マカオのお部屋の紹介です。

案内されたお部屋の扉を開けてみますと…

DSC00402.jpg

広いです、広すぎます(驚

DSC00399.jpg

チェックインの際にスイートにアップグレードしていただいたというのは聞いてはいたんですが、

DSC00377.jpg

スイートっつっても、たいしたことないだろ、と勝手に思ってたんですが、本当に広いお部屋で驚きました。

DSC00379.jpg

ちなみに、帰国してから調べてみたんですが、このお部屋は、キング デラックス シティビュー スイートというカテゴリーのお部屋で、なんと104㎡もあるお部屋です。

DSC00382.jpg

4人も座れます(一人なんですが)

DSC00373.jpg

サブリビングのようなスペースまで備えています(誰も来ないんですが)

DSC00384.jpg

ベッドルームです。

DSC00387.jpg

洗面も豪華でゆったりとしています。

こちらの洗面なんですが、コンセントがシェーバー用のものしかなく、そのコンセントではドライヤーが使えないんですよね。

この場所でドライヤーを使いたい自分は、ハウスキーピングの方にご相談いたしまして…

DSC00438.jpg

延長コードにて対応(=゚ω゚)ノ

ハウスキーピングの方、お世話おかけいたしました。ありがとうございました。

DSC00389.jpg

シャワーブースです。こちらもめちゃめちゃ広い。

DSC00390.jpg

ただ、シャワーが自分の苦手な固定式だったのが少し残念でした。

まだ、かなり画像があるんで続きは明日にでも。

人間ドック大丈夫かのう。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
ホテルCM:0

コンラッド マカオ コタイ セントラル 澳門金沙城中心康萊徳酒店

2017/09/13(水) 21:15

DSC00428.jpg
Conrad Macao Cotai Central / SONY DSC-RX100M3 24mm F1.8 1/30 ISO400


こんばんは。

香港国際空港からマカオのタイパ フェリーターミナルに到着しました。

フェリーターミナルからはホテルへの無料のシャトルバスがありますので、そちらを利用させていただきました。

自分が乗るのは、サンズ コタイ セントラル行きです。

DSC00738.jpg

到着(^-^)/

DSC00767.jpg

サンズ コタイ セントラルには、セント レジス、ホリデイイン、コンラッド、シェラトンとホテルがありますが、自分が宿泊するのは、

DSC00699.jpg

(当然ながらヒルトン縛りなもんで)コンラッド マカオ コタイ セントラルです。

DSC00454.jpg

1枚目の画像もそうですが、カジノの街らしくホテルのロビーは豪華で華やかな演出です。

DSC00453.jpg

Conrad The Lounge康萊德酒店大堂酒廊もゴージャスです。

ホテルに到着したのが、ちょうどチェックイン開始時間ぐらいだったので、フロントでルームキーを受け取り、早速お部屋へ、

DSC00412.jpg

31階でエレベーターを降りて、

DSC00410.jpg

奥へ奥へと、

DSC00409.jpg

宿泊するのは一番奥のお部屋です。

続きは次回に(゚△゚;)オイオイ、モッタイブルナヨー




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
ホテルCM:0

香港国際空港からフェリーでマカオへ向かいます

2017/09/12(火) 20:11

DSC00936.jpg
Hong Kong International Airport / SONY DSC-RX100M3 24mm F8.0 1/30 ISO640


こんばんは。

香港到着後は入国せず、空港から直接フェリーでマカオに向かいます。

空港でフェリーの待ち時間が結構あったんですが、入国審査受けて、重い荷物を転がしてフェリーターミナルまで行って、ということを考えたら、空港から直接行っちゃった方が良いかなと。

DSC00356.jpg

乗るのは左側のブルーの船、金光飛航(Cotai Water Jet)です。

船に乗る事自体が久しぶりですし、天候が悪く雨が降ってるしで少し不安でしたね。

DSC00358.jpg

一人なんで、賑やかな方々に囲まれたりしたらツライなぁ、と思ってスーパークラスのチケット購入しました。(この便のスーパークラスの乗客は自分一人しかいませんでした。普通クラスで良かったかも。)

DSC00359.jpg

スーパークラスは飲み物のサービスがあります。

アルコールは止めておこうと思ったんですが、マカオビールって一度飲んでみたかったんで(まだ飲むか)

DSC00361.jpg

うーん、天気は良くなかったですね、ただ、幸いにも海は荒れていないようで、全くと言っていいほど揺れることもなく、もちろん船酔いすることもなく、快適な船旅でございました。

DSC00364.jpg

あ、これは現在、建設中の香港とマカオを結ぶ橋でしょうか(違ってたらごめんなさい)。

DSC00369.jpg

マカオの街が見えてきました。右端の方にマカオタワーが見えますね。


この後、無事にマカオの地に初めて上陸いたしました。

那覇から、成田、シンガポール、香港と続いた移動もマカオで少しだけ休憩です。

那覇で預けたトランクとも丸1日以上ぶりに無事に再会です。複雑なルートだったんで、ちゃんと届くか心配しておりました。特に香港からマカオは、飛行機から船へのバゲッジスルーなんて初めての経験ですので、大丈夫なんかなぁと思ってましたが、要らぬ心配だったようです。

では、宿泊先のホテルに向かいます。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
香港・マカオCM:0

機内食 UA896 シンガポール → 香港 ファーストクラス 2017.08

2017/09/11(月) 19:23

DSC01295.jpg
United airlines UA896 SIN to HKG / SONY DSC-RX100 24mm F4.5 1/400 ISO125


こんばんは。

シンガポールに到着後、ラウンジで夜明かしして、香港まで戻ります。

「何でそんなおかしな事すんねん。」

と、言われても戻ります(^o^)ハハ、タシカニオカシイ

DSC00337.jpg

香港まではユナイテッド航空のファーストクラスです(しつこいですが、もちろんマイレージの特典航空券です)。

シンガポールから香港を経由してシカゴに向かう便の、シンガポールー香港の区間に搭乗します。

ユナイテッドのファーストクラスはもちろん初めてなんですが、ユナイテッドに乗る事自体も初めてだったりします。

ユナイテッドは「ユナイテッド・ポラリス」というビジネスクラスに力を入れていて、ファーストクラスは段階的に廃止していく方針のようですので、今回の搭乗が後々貴重な経験となるかもしれません。

また、シンガポールまで乗ってきたANAの成田ーシンガポール線も冬ダイヤから機材が変更(B777-300ERからB787-9)となりファーストクラスの設定はなくなるようです。

JALのジャカルタ線のファーストクラスもなくなってしまったので、日系キャリアのアジア路線ファーストクラスは消滅してしまうことになります。

滅多に乗る機会がないので、自分に直接的な影響があるわけではないですが、他のアジア系キャリアは自国ー日本間でファーストクラスを飛ばしている会社もあるのを考えると、何だか寂しいですね。

さて、機内食ファンの皆様(一人ぐらいはいるかも)お待たせいたしました。UA896便の機内食の紹介です。

DSC00339.jpg

朝早い便ですのでまずはフルーツと、

DSC00342.jpg

ヨーグルトです。

DSC00340.jpg

パンはこちら、選べません(「・ω・)「

で、メインが、

DSC00343.jpg

こちら、チキンとヌードルだったと思います。美味しかったけど朝からこれはキツかった。

DSC00346.jpg

最後にチョコ2つ・・・って、子供かっw( ̄o ̄)w

朝便で短いフライトなんで期待はしていなかったんですが、

「短いフライトだけど、一応、ファーストなんですけどー。」

と、言いたくなるような内容とサービスでした。香港ーシカゴ間は全然違うんですかねー?

離陸前のウェルカムドリンクを尋ねられたので「シャンパンください。」って言ったら、

「ダメ、離陸してから。」って言われちゃいました。

なんやねん、その制限は(^∇^)

DSC00348.jpg

あと、こちらは搭乗している便の操縦室の交信がライブで聴けるというオーディオプログラム。

自分の操作が悪かったのか聴く事はできませんでした。

DSC00354.jpg

香港空港着陸前に一枚、天気悪かった。

DSC00355.jpg

雨のHKIAに到着。








にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
航空券・マイレージCM:0

シンガポール航空シルバークリスラウンジで夜を明かすのだ

2017/09/10(日) 21:45

DSC00331.jpgSilver Kris Lounge Changi airport Terminal2 / SONY DSC-RX100M3 24mm F1.8 1/30 ISO500



こんばんは。

成田からシンガポールに到着したのが午前0時を少し回った頃だったんですが、シンガポールには入国せず・・・

午前6時の便で香港まで戻ります(゚△゚;ノ)ハハハ、ナンデヤネン

ということで、やってきたのが、

DSC00327-1.jpg

チャンギ空港、ターミナル2のシンガポール航空シルバークリスラウンジです。ここで夜明かしさせていただきました。

那覇空港でチェックインする時にANAのカウンターでシンガポールから香港までのボーディングパスも既にいただいていたのでスムーズに入室できました。

DSC00328.jpg

とても雰囲気のあるラウンジですね。

残念ながらファーストクラスエリアは時間的にクローズということで、こちらはビジネスクラスエリアです。

DSC00329.jpg

さすがにこの時間ですとラウンジのゲストは自分を含めて数える程です。

ただ、このラウンジには、スワンナプーム空港のタイ航空ロイヤルファーストラウンジのような仮眠用の部屋はおろか、横になれる長いソファもないということで困ってしまいました。

そこで、創意に工夫を重ねに重ねまくりまして・・・

DSC00333.jpg

このようなオリジナルベッドを作成いたしました(・Д・)ノ

当然ながら間違っても快適とは言い難く、仮眠、いや、なんとかウトウトできた程度です。

皆さんには全くおすすめしません(*ノェノ)

DSC00334.jpg

午前4時を回ったぐらいからだったかな、ゲストも増えてきて、食事も徐々に準備されてきたので、朝食をいただいてから出発ゲートに向かいました。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
航空券・マイレージCM:0

機内食 ANA NH801 成田 → シンガポール ファーストクラス 2017.08

2017/09/09(土) 15:00

DSC00251-1.jpg
ANA NH801Boeing 777-300ER/SONY DSC-RX100M3 35mm F2.8 1/500 ISO125


こんにちは、久々のお昼の更新です(^-^)/

今日は成田からシンガポールへ向かった際の機内食をご紹介します(このエントリーは、かなり画像多めの、自分的には力作となっております、めっちゃ時間かかった)。

上の画像が今回お世話になった機材なんですが、スターアライアンス塗装の機体は他社の便も含め何度か見たことはあるんですが、実際に搭乗するのは初めてです。

DSC00268-1.jpg

キャビン内の様子です。

4年ぶりのANAファーストスクエアです。搭乗率は半分弱というところでしたので、座る用と寝る用と2席使わせていただきました。

DSC00279 (2)-1

着席して正面を向くとこんな感じですね。

DSC00271.jpg

アメニティはサムソナイトのケースに入ったものが予め用意されていますが、それに加えてリップクリーム等をいただきました。

では、機内食ファンの皆様(だから、いないって)お待たせいたしました。

DSC00270_2017090913110491d.jpg

まずは、離陸前に乾杯(一人ですが)です。

DSC00284-1.jpg

離陸後、ベルトサイン消灯後のアミューズです。味も悪くないですが、どちらかというと見た目で勝負の一品でしょうか。

食事は和食と洋食から選べますが、今回は和食にしました。はじめは洋食にしようと思っていたのですが、メニューでメインを見て気が変わりました。

DSC00293.jpg

クリュッグ・グランド・キュヴェ

ANAのファーストクラスのシャンパーニュと言えばクリュッグというイメージがありますね。

シャンパングラスよりも普通のワイングラスの方が香りが楽しめるということで、そちらでいただきました。確かにワイングラスの方が・・・(ウソです、全然わかりません)

DSC00295.jpg

先 附

車海老と湯葉の黄身餡掛け


DSC00294.jpg

前 菜

野沢菜山葵漬け
ほおずき盛り(スモークサーモントラウト手毬寿司)
炭火焼鮎の甘露煮
もずく養老寄せ


DSC00296.jpg

お 椀

すっぽん豆腐


DSC00301.jpg

お造り

小鯛笹漬け
鱸昆布〆

鱸=スズキです。難しいですね。

DSC00302.jpg

なぜか、ここで洋食のコーンスープが飲みたくなってしまい、お願いしてしまいました。

DSC00307.jpg

煮 物

蝦蛄の玉〆 茄子


小 鉢

鱧旨煮 玉葱 旨出しゼリー掛け


そして、メインですが、

DSC00306.jpg

主 菜

鰻蒲焼き

ここで鰻がくるとは思いませんでした。やはり、鰻好きのところに鰻は寄ってくるのですね( ^o^)

DSC00310.jpg

オン・ザ・ライスという行為は好きではないのですが、鰻は別、とういことで。

タイ国際航空の鰻に比べるとさっぱりとした感じでした。美味しかったです。

お米は、千葉県多古町産コシヒカリ(多古米)(金芽米)とのことです。これは、4年前のフランクフルト便でいただいた熊本の森のくまさんの方が美味しかったかな。

DSC00315.jpg

香の物も美味しかったです。

DSC00316.jpg

デザート

ブルーベリータルト ミルクアイスクリーム添え


デザートは他にもクリームあんみつやマンゴーロールケーキ、とらやの羊羹などがあったんで、今思えば、他にも何か食べとけばよかったなぁと思いますが、この時はお腹いっぱいで。

と、言いつつ、この後、しばらく横になっていたら小腹が空いてきましたので、

DSC00321.jpg

京都 吉兆の鯛茶漬けをお願いいたしました。

これが、かなり美味しかったです。自分はお茶漬けは苦手なんで、ごはんとおかずとして食べたんですがホント美味しかったですね。

DSC00323.jpg

鯛と胡麻だれの組み合わせがとても良かったです。

DSC00325.jpg

久々のANAファーストクラスをしっかりと堪能して、無事、シンガポールのチャンギ空港に到着しました。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
航空券・マイレージCM:0

ANAスイートラウンジ 成田空港 国際線 第5サテライト

2017/09/08(金) 20:24

DSC00261_20170907222258c8c.jpg
ANA SUITE LOUNGE Tokyo Narita airport / SONY DSC-RX100M3 24mm F1.8 1/30 ISO400


こんばんは。

ユナイテッドのラウンジの後に向かったのはANAスイートラウンジです。

ANAのスイートラウンジは2013年9月に成田からフランクフルトまでANAで飛んだ時以来ですね(成田空港に来るのも、その時以来です)。

その時の印象が割とはっきりと頭に残ってまして、今回、ラウンジに入った時、


あれ、こんなに広かったっけ?

あれ、こんなに人いたっけ?


と驚いたんですが、帰国して調べてみたら、ANAのラウンジは第4サテライトと第5サテライトの2箇所あって、前回、自分が行ったのが第4サテライトのラウンジ、今回が第5サテライトのラウンジということだと思います。(すみません、よく知らなくてm(_ _)m

それにしても人が多かったです。

席がないほど混雑しているというわけではないのですが、ファーストクラスのラウンジってガラーンとしているイメージがあったものですから。

これだけの人がファーストクラスの搭乗者というのは少し考えにくいので、やはりダイヤモンド会員が相当数いるということなんでしょうね。

自分も一度だけ、SFCを取得した年にプラチナメンバーにはなったことがありますが、ダイヤモンドは夢のまた夢ですね。

ということで、少しザワザワした感のある空間だったんですが、幸いにも、

DSC00265_20170907222253ae5.jpg

半個室のようなところに案内していただけましたので、概ね静かに過ごすことができました(概ね、というのは、半個室エリアの入口付近で長時間電話している人がいたからです)。

DSC00246.jpg

このスペースには個人用のテレビもありますし、

DSC00247.jpg

パソコンも用意されていて、至れり尽くせりで非常にありがたいのですが、

DSC00248.jpg

備え付けてあるヘッドフォンは新しくされた方が良いかと(〃▽〃)


食事の方ですが、

まずは、

DSC00258_2017090722230401c.jpg

こちらの方から、

DSC00234.jpg


DSC00237.jpg

こんな感じでいただきました。

次に、

DSC00245_20170907222252768.jpg

海鮮丼をオーダーいたしました。

美味しかったですが、本格的な海鮮丼という感じではなかったですね。

あ、量が少ないなぁ、と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、それは、自分が、ご飯半分でとわがままを言ったからですので。

DSC00239.jpg

オーダーすると、こちらを渡されます。出来上がるとブルブルっとしますので取りに行くシステムです。

DSC00264.jpg

その後、お茶とお菓子をいただきました。

さすがANA、という感じの素晴らしいラウンジだと思いますが、自分の中のファーストクラスのラウンジのイメージにはユナイテッドのラウンジの方が近かったですかね。

次回は機内食です。






にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
航空券・マイレージCM:0

ユナイテッド航空 グローバル・ファースト・ラウンジ 成田空港

2017/09/07(木) 20:12

DSC00232_Fotor.jpg
UNITED Global First Lounge Narita airpot/SONY DSC-RX100M3 24mm F1.8 1/30 ISO640


こんばんは。

成田空港に到着後、まず向かったのはユナイテッドのグローバル・ファースト・ラウンジです。

今回の航空券は往路がファーストクラス、復路がビジネスクラスとなっております(しつこいですが、もちろん特典航空券でございます)。

DSC00229.jpg

落ち着いた雰囲気のラウンジでとても居心地が良かったです。

DSC00230.jpg

ミールもなかなか充実していると思います。

DSC00231.jpg

自分のこのラウンジでのお目当てなんですが、

DSC00226_20170906220722df7.jpg

にぎり寿しです。

もちろん、なんちゃって寿しなどではなく、ちゃんとしたお寿司で、なかなか美味しかったです。

自分がラウンジに来た時には品切れ状態だったんですが、すぐに補充されました。

やはり人気があるようで、その後も品切れ状態になってましたが、補充は迅速に行われている印象でしたね。

そのあたりも含め、とても好感が持てるラウンジでございました。

では、次のラウンジに移動します。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
航空券・マイレージCM:0

機内食 NH2158 那覇 → 成田 ANA プレミアムクラス 2017.08

2017/09/06(水) 19:53

IMG_1080 (1)
Okinawa Naha airport/Apple iPhone 5s


こんばんは。

沖縄、那覇で一泊した翌日に直行便で那覇から成田に向かいました。

ラッキーなことに当日プレミアムクラスに空きがあったのでアップグレードポイントを利用して席を押さえることができました。

NH2158 OKINAWA (NAHA) 12:15 → 15:00 TOKYO (NARITA)なんで、2時間45分の国内線としては長いフライトですので助かります。

DSC00216.jpg

ANAのプレミアムクラスに搭乗するのは2016年6月以来、また、このブログで機内食の紹介をするのは2016年10月以来ということでなんだか嬉しいですね。

今回の旅行では飛行機によく乗ったんで機内食の紹介もたくさんできると思いますんで機内食ファンの方(いないか)楽しみにしていてください。

DSC00217.jpg

メニューです。

DSC00219_20170904225057855.jpg


DSC00221.jpg

問題なく美味しかったです。

ANAのプレミアムクラスにしても、JALの国内線ファーストクラス(一回しか乗ったことないけど)にしても、食事は満足度が高いですね。

DSC00222_20170904225123100.jpg

飲み物はエビスビールとこちらをいただきました。

DSC00223_20170904225102acd.jpg

最後にお茶とお菓子をいただいて終了です。

プレミアムクラスでも大阪ー東京間とかだと時間が短いんで結構慌ただしくなっちゃうんですが、時間もたっぷりあったんでゆっくりと味わっていただくことができました。

成田着後はラウンジに向かいます。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
航空券・マイレージCM:0

久々の海外旅行なのだが何故か「めんそーれ」なのだ

2017/09/05(火) 19:51

DSC00116_20170904205108cd5.jpg

こんばんは。

久々の海外旅行なんですが、伊丹空港を飛び立ってやってきたのは、

DSC00119.jpg

沖縄、那覇空港です、めんそーれ|д゚)

実は今回は丸々一週間休みが取れたんで、是非とも土曜日のチケットを予約したかったんですが空きがなく日曜日に出国する予定となってしまいました。

そこで、今回はANAの国際線特典航空券の利用でしたんで、国際線特典航空券の国内乗り換え、往路、復路、2回まで可能というのを活用して土曜日にどこかに行けないかと検索していたところ、那覇ならばスケジュール的にもちょうどよく、また空きもあったんで、海外に行く前に沖縄で一泊していくことにいたしました。

ただし、乗り換えですんで滞在は24時間以内という制限があります。

今回の自分の場合は、

NH1143 OSAKA(ITAMI)12:20 → OKINAWA(NAHA) 14.25 で、

翌日は12:15発の便で那覇を発ちましたので、21時間50分の滞在ですんでOKです。

那覇では、暑い中、汗だくになりながらプラプラ歩いて撮影に行ったり、初めてのものを食べたりと楽しませていただいたんですが、宿泊したホテルの紹介を含めて、ブログの更新は後回しにさせていただこうかと思ってます。

と、いうのも、1年以上、海外旅行の記事をエントリーしてないんで、そちらを先に書きたいなという思いがありまして。

なので、次回のエントリーは、那覇に一泊して、翌日海外に向けて出発するところから始めさせていただきたいと思ってますんでよろしくお願いいたします。






にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
国内旅行CM:0

おかげさまで無事に帰国いたしました

2017/09/04(月) 19:20

DSC01257.jpg
Take-off from Singapore Changi airport / SONY DSC-RX100M3 24mm 1/320 F4.0


こんばんは。

おかげさまで昨晩遅く無事に大阪に戻ってまいりました。

また日常に戻るのかと思うとなんとも言えない気分になりますが、こればかりは仕方ないですからね。

今回の旅行のエントリーについては、いつもながらボチボチとアップしていきたいと思ってます。

今回は先日購入したソニーのRX100M3のデビュー戦ってことで9日間でなんと1200枚弱撮影しました。(ぶっつけ本番ってこともあったんで使い方に全く慣れておらず無駄なショットがかなりあると思います。)

なので、記事については出来るだけ画像豊富にお届けしたいなと思っとります。(と、いう今日の記事が画像が少ないですが(^◇^;)

(今回の記事から画像サイズを少し大きくしてみました。)





にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
泰在記CM:0
ホーム全記事一覧

Twitter

リンク

 


プラクルアン プラの道

あわせて読みたいブログパーツ



メールフォーム

名前:
メールアドレス:
タイトル:
本文:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Copyright(C) 2006 バンコクで駄目日本人になりたい All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.