FC2ブログ

バンコクで駄目日本人になりたい

バンコク・パタヤなどタイの旅行記・レストラン情報などと言いつつ最近は国内旅行が

プロフィール

チキン



damenihonjin.gif

 

タグクラウド

最近の記事+コメント

 

カテゴリー

 

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[タグ未指定]

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサー広告

北海道 札幌 今回もよく食べました 海鮮 ラーメン ジンギスカン

2018/06/13(水) 19:53

IMG_0000004_180853.jpg

こんばんは。

札幌で食べたもの(全部ではありませんが)をアップしておきます。

IMG_0000003_184327.jpg

まずは海鮮です。

とある方に連れて行っていただいたお店の造り盛り合わせです。

お値段もなかなかなんですが塩水ウニや小樽の蝦蛄などかなりの豪華版でした。ウニの甘みがすごくて感動しました。

IMG_0000003_190047.jpg

同じお店でキンキの焼き物。焼きか煮か、相当迷った末に焼きを選択しました。身が肉厚で美味しかったですね。

高級魚なんで安くはないですが良心的なお値段だったのではと思います(帰りの空港で売っていた値段よりも安かった)。

IMG_0000003_192619.jpg

あと、サービスしていただいたカスベ(エイ)の煮こごりです。大阪ではほとんど見かけることがないと思います。少し味濃いめでお酒にはぴったりですね。

IMG_0000004_220458.jpg

続いてはラーメン、味噌専門店 倍煎舎の香煎味噌らーめんです。

元祖さっぽろラーメン横丁で、どこでも大差ないかなと思い、空いていたこちらのお店に入ったのですが…ちゃんと調べていけば良かったです。

味噌の味は美味しいとは思うのですが、まず温度が低いです(熱いのが苦手な外国人観光客を意識しているのでしょうか)。そして、スープと麺の量のバランスが悪いと思います。もう少しスープの量が多ければ良いのですが。

そして、何よりも残念だったのがお店の方の接客でした。一人しかいないので大変だとは思うのですが(ただ自分一人ともう一組だけだったんで忙しくて手が廻らないという状況ではなかったです)、もう少し居心地の良い対応をしていただきたかったです(もう一組の方々もお店の対応に苦笑という感じでした)。

IMG_0000003_135458.jpg

海鮮もラーメンも大好きなんですが(あ、今回は寿司は行かなかったな)、自分の場合、札幌に来て一番外せないのはジンギスカンなんです。

IMG_0000003_135512_2018061122291600d.jpg

今回も3軒行ったんですが、やはり味の羊ヶ丘の2階で昼呑みが最強だと思います。

はー、また行きたくなってきた。家の近くにあればいいのに…



スポンサーサイト



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
国内旅行CM:0

大分県別府温泉 割烹旅館 関屋の夕食と朝食 2018.05

2018/06/02(土) 19:31

IMG_22222222_180354.jpg

こんばんは。

温泉を堪能した後は楽しみにしていた夕食です。

こちらのお宿は割烹旅館というだけあってネットでの食事に関する口コミの評価がとても良かったので期待しておりました。

IMG_32222222_074607.jpg

こんな感じのお食事処でいただきます。

自分以外にも男性のお一人様がいらっしゃいました。温泉旅館でもお一人様って結構いるんですね。

IMG_22222222_180411.jpg

旅館自家製のお豆腐です。

IMG_22222222_180430.jpg

お造りです。どこの魚かの説明はありませんでした。関サバ、関アジとはいかずとも豊後サバ、豊後アジを期待していたのですがそうではないようでした。

相変わらずの一番安いプランでの予約でしたので、それも仕方なしというところでしょう。

IMG_22222222_180420.jpg


IMG_22222222_180518.jpg

カレイの薄造りです。こちらも産地の説明はありませんでした。

大分には城下(しろした)かれいという有名なかれいがあるようなんですが、そうではないようでした。結構な高級魚みたいなんでやはりもう少し奮発しないとお目にかかれませんね。

IMG_22222222_181916.jpg

で、素麺。

しかもかなりの量です。

ここで何故素麺なのだろうか、謎です???

あ、もしかして自分が知らないだけで大分って素麺が有名なのですか???

IMG_22222222_182129.jpg

魚(何だったか失念)とキノコの包み焼き。

IMG_22222222_182946.jpg

そして、続いては…

IMG_22222222_183004.jpg

まさかの…アヒージョです…

このアヒージョを絶賛してらっしゃるご夫婦がいらっしゃいましたが、おそらくアヒージョを食べるのが初めての方だと思われます。

フツーに美味しいアヒージョではあったのですが、自分的には、別府の温泉旅館に来て、ここでアヒージョかよっ…という感が拭えませんでした…。

旅館の方が、その絶賛していたご夫婦に説明しているのを聞いていると、和食ばかりなので、何かアクセントになるようなものをということでお出ししてます、とおっしゃっていたが…

和食ばかりでいいんすけどね。

色々と工夫されているのはよく分かるんですが、少し自分が考えるのとは方向が違うように思いました。

IMG_22222222_184054.jpg

続いてお肉です。

豊後牛とのことでしたが少し生臭さが残ったような感がありました。

IMG_22222222_184911.jpg

〆は銀シャリというのが多いと思うんですが、こちらは炊き込みご飯でした。

IMG_22222222_185200.jpg

味付け、炊き加減とも申し分なく、とても美味しかったです。これはいいですね。美味しいおこげを久々に食べた気がしました。

IMG_22222222_185544.jpg


IMG_22222222_190302.jpg

関屋の夕食ですが、少し期待しすぎちゃったかなぁ、という感じですかね。

続いて朝食です。

IMG_32222222_073116.jpg

オーソドックスな旅館の朝食です。夕食と同じお席でいただきました。

IMG_32222222_073202.jpg


IMG_32222222_073209.jpg

焼き魚が結構焦げとりました。

IMG_32222222_073213.jpg

海藻類は積極的に摂るようにしてますので嬉しいですね。

IMG_32222222_073233.jpg

旅館のご飯って何故にこんなに美味しいのでしょうか。

お米は特定のものではなく大分県産の何箇所かのお米を仕入れているとのことでしたが、とても美味しかったです。当然ながらおかわりさせていただきました。

IMG_32222222_073935.jpg

デザートにはスイカです。


今回初めて泊まった割烹旅館 関屋ですが、お料理で???な部分もありましたが、値段的なことも考えると概ね満足かなぁという感じです。ただ、別府にはたくさん宿泊施設がありますので、もし次回があるならば違うところを選択するとは思います。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
国内旅行CM:0

おんせん県おおいた 別府温泉に行ってきました 割烹旅館 関屋

2018/06/01(金) 19:26

IMG_plplpl_144230.jpg

こんばんは。

温泉ネタが続きますが有馬温泉に続いては別府です。

久々(約1年ぶりぐらい)に福岡に遊びに行ってきたんですが、少し足を延ばして一泊だけですが別府にも行ってきました。

駅前のラグビー仕様の銅像は油屋熊八さんです。

ピカピカおじさんなんて言われてますが「山は富士、海は瀬戸内、湯は別府」のキャッチフレーズで別府温泉を一大観光地に育てた別府観光の父とも言われる方だそうです。

IMG_plplpl_122150.jpg

当日は新大阪から新幹線で小倉で下車して在来線のホームへ移動(実は小倉で降りんの初めて)。

IMG_plplpl_131658.jpg

小倉から特急ソニック号で別府へ向かいます。

ソニックって青い列車だとばかり思ってたんですが、青いのと白いのとがあるんでしょうか?自分が乗ったのは画像の白い列車だったんですが、シートに確かKAMOMEって書いてました。前は特急かもめだったんでしょうか?

IMG_plplpl_143948.jpg

別府にとうちゃーく。温泉マークがいいですね。

厳密に言うと別府は初めてではありません。

若かりし頃2度ほどバイクで九州を廻ったことがあるのですが、その際は大阪からフェリーで別府観光港に到着してました。ただ、2回とも別府は完全素通りで宮崎の海沿いを南下するルートに向かったので、滞在するのは今回が初めてと言っていいと思います。

IMG_plplpl_144817.jpg

別府駅着後、まず向かったのは餃子の湖月です。

IMG_plplpl_144908.jpg

しかしながら…

IMG_plplpl_144914.jpg

休みでした∑( ̄[] ̄;)!ホエー

IMG_plplpl_150009.jpg

仕方ないので、完全に餃子とビールなモードになっていた心とお腹と口をなだめつつプラプラします。画像は別府タワーなんですが、焼肉屋の方が存在感出ちゃってます(⌒_⌒;

IMG_plplpl_154206.jpg

海岸沿いをプラプラ。海岸沿いの遊歩道が改修工事中だったのは残念でした。

IMG_plplpl_151933.jpg

その後、宿泊先にチェックイン、割烹旅館 関屋です。

IMG_plplpl_151956.jpg

海にほど近いこじんまりとしたお宿です。

女将さん(だと思う)と少しお話ししたんですが、別府も湯布院も外国人観光客が多いようなんですが、関屋の場合は部屋数が少ないせいか偶にしかいらっしゃらないそうです。自分が宿泊した時は一組もいらっしゃいませんでした。

IMG_plplpl_153922.jpg

入り口にこういうお花があると、温泉旅館に来たなぁという感じがします。

IMG_plplpl_152104.jpg

入ってすぐのところです。見にくいと思いますが左端中段に写っている紺の暖簾がお風呂の入り口です。

IMG_plplpl_152824.jpg

お部屋は昔ながらの温泉旅館という感じでいいですね。

IMG_plplpl_152707.jpg


IMG_plplpl_153113.jpg

部屋にはトイレのみでお風呂はありませんが洗面はありますので、歯を磨いたり、髪の毛乾かしたりというのは部屋でOKです。

IMG_plplpl_152940.jpg

有馬温泉に続いてですが…景色は期待してはいけません( ´д`)

隣の建物の壁でした。(次回は別府湾が見渡せる部屋に泊まってみたい)

IMG_plplpl_152856.jpg

お部屋に用意されていたお菓子とお茶です。

ちなみに画像がなくて申し訳ないんですが、お土産に別府駅で大分かぼすチョコ(ビターチョコ味)というのを買ったんですが、これがなかなか美味しかったです。かぼすピールにチョコレートコーティングしたものでおすすめです。

さて、部屋で少し休憩したら早速お風呂へ向かいます。

IMG_plplpl_160505.jpg

こじんまりしてますがなかなか良い雰囲気です。

自分が入浴した時は貸切状態もしくは自分を含め2人でしたので、ゆっくり落ち着いて温泉を堪能できました。お湯は結構熱めと感じました(ちなみに自分は熱いの苦手なんで、もしかしたら温泉としてはそんなに熱い部類ではないのかもしれません)。

IMG_llkjhg_074jjj2.jpg

お風呂上りに休憩できるちょっとしたラウンジのようなスペースもありました。

次は割烹旅館 関屋の食事の内容をご紹介したいと思います。





にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
国内旅行CM:0

有馬温泉 月光園 鴻朧館の夕食と朝食 食事処の景色が素晴らしかった

2018/05/30(水) 20:03

IMG_2018fffff_081103.jpg

こんばんは。

有馬温泉で宿泊した月光園 鴻朧館の夕食と朝食をご紹介します。食事は旅館の食事処でいただいたんですが、タイトルにも書いた通り素晴らしい景色でした(トップの画像は朝食時に撮影したものです。)

今回は春の新緑が、という感じでしたが紅葉の時期に来ればすごいんじゃなかろうかと。

IMG_0000_180721.jpg

では、まずは夕食です。こちらがお品書きです、盛りだくさんですね。本当に盛りだくさんだったんでコメントほとんどなしで画像を貼っていきます(手抜き感ありありですみません)

IMG_0000_180550.jpg

ちなみになんですが、この日はお一人様率が高かったです。半分ぐらいがお一人様でした(ま、全部で10組もいないんですが)。ただし、男性のお一人様は自分一人で、あとは全て女性でしたね。

IMG_0000_180555.jpg


IMG_0000_180605.jpg

先付、八寸はきめ細かな見た目も美しい沢山の種類のお料理で、なんか単純にこんなの作んの大変だろうなぁと思っちゃいました。もちろん美味しかったです。

IMG_0000_181700.jpg

続いてお造りです。

これはなぜかはっきりと覚えてるんですが、エビとマグロは抜群に美味しくて感動したんですが、タコが硬かったです。

IMG_0000_182343.jpg

神戸肉塩スープ鍋です。神戸牛ではなく神戸肉という表示になってましたが、表示が違うということは何か違うんでしょうね。このあたりは難しそうなお話ですし大人の事情的なものかもしれませんので深追いしません( ? _ ? )

ちなみにこの件について特に料理を持ってきていただいた時にコメントはありませんでした(自分も聞かなかったですし)。お味の方はフツーに美味しかったです。

IMG_0000_182854.jpg


IMG_0000_184116.jpg

ビールを一杯だけいただいて、その後は兵庫の日本酒にチェンジ(味はあんま覚えてませんが、辛口のお酒だったと思います。自分、辛口しか注文しないんで)。

IMG_0000_184311.jpg

こんな感じで出していただきました。

IMG_0000_184715.jpg


IMG_0000_185259.jpg


IMG_0000_185716.jpg

写ってませんがご飯もとても美味しかったです。

IMG_0000_192042.jpg

最後にデザートです。

量・質共に満足できる夕食でした。宿泊プランによってはもっとすごい料理もあるとは思うんですが、飲みながらじっくりといただくにはこれぐらいで十分かと思います。

IMG_0001_073132.jpg

続いて翌朝の朝食です。夕食と同じ食事処でいただきました。

IMG_0001_073152.jpg

特に変わったものがあるというわけではなく、朝ごはんの定番のおかずが勢揃いという感じでしたが、一つ一つが丁寧に作ってある感じでとても安心感のある朝ごはんでした。

IMG_0001_073147.jpg


IMG_0001_073141.jpg


IMG_0001_074640.jpg


IMG_0001_073203.jpg


食事も温泉もとても良かったです。また泊まりたいです。今回は単純に泊まっただけだったんですが、六甲山のハイキングとセットにするのも良さそうだなぁと思ってます。(六甲山登ったことないんすけどね、っていうか全くの登山素人なんですがやってみたいなぁと)

あ、それと、一つだけ言わせてもらうと、こちらの旅館は部屋に浴衣と作務衣が用意されてるんですが、浴衣は確かスリーサイズあるのに作務衣はフリーサイズのみでした。自分は作務衣の方がいいんですが、このフリーサイズが自分には少し小さかった(自分が特別大きいわけじゃないんですが)ので、そこを何か、改善策を講じてただけると嬉しいですね。


これにて有馬温泉の記事は最後になります。現在のところ海外渡航の予定が立ってないんで、ちょこちょこ行ってる国内旅行の記事をアップしていこうかと思ってます。(ブログのタイトルを見て訪問していただいた方はガッカリされるかもしれませんね、申し訳ありません。)


最後にもう一枚、食事処からの景色の画像を載せときます。ほんとにきれいで清々しい景色でした。

IMG_0001_075759.jpg





にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
国内旅行CM:0

神戸電鉄 有馬口から徒歩にて有馬温泉へ 旅館 月光園 鴻朧館

2018/05/28(月) 19:46

IMG_0000_145444.jpg

こんばんは。

またまた少し日が空いてしまいました。申し訳ありません。今日からまた頑張って更新してサッカーワールドカップ開幕までには更新予定の記事を全て書き切ってしまいたいと思います(と言いつつも週末からは北海道に行く予定だったりして^^;

IMG_0000_143508.jpg

有馬温泉の続きです。知らなかったんですが有馬温泉って、

日本三名泉 (有馬温泉 草津温泉 下呂温泉)
日本三古泉 (有馬温泉 道後温泉 白浜温泉)
枕草子・三大名泉(榊原温泉 有馬温泉 玉造温泉)とかなんですね。失礼いたしました。

さて、神戸三宮で(一応)神戸牛のランチをいただいた後、電車で画像の神戸電鉄有馬口駅へやってきました。ここから有馬温泉駅まで一駅なんですが、天気も良かったので歩いて行ってみることにしました。

IMG_0000_144228.jpg

突発的に歩いていこうと思い立ったので歩くための下調べ等は全くしていませんが、一駅分ぐらいだから大丈夫でしょということでスマホのマップを見ながら出発。少しだけ駅周辺の住宅地を抜けて画像の小さな踏切から有馬街道へ。

IMG_0000_144707.jpg

こんな感じのところを歩いていきます。ご覧の通り歩道が整備されているとは言い難い道で、車も結構通るので…歩いて行くのは全くおすすめいたしません(自分ももし次回があるなら電車で行くか、何か他にハイキングコースみたいなのがないか探してみます)。

IMG_0000_150519.jpg

有馬グランドホテルです、もうちょいです。

IMG_0000_150942.jpg

有馬温泉の中心部に到着です。暑い時、寒い時は歩くのはやめた方がいいですね。

IMG_0000_151851.jpg

そして、もう少し歩いてやってきたのが、今回お世話になった月光園です。

IMG_0000_151937.jpg

月光園には鴻朧館と游月山荘という二つの旅館がありまして、自分が宿泊したのは鴻朧館です。

IMG_0000_151956.jpg

鴻朧館の入り口です。

IMG_0000_161648.jpg

鴻朧館と游月山荘は川を挟んで渡り廊下で繋がっておりまして、

IMG_0000_154932.jpg

それぞれの宿泊客はここを通って行き来して、それぞれの旅館のお風呂を楽しむことができます。双方の内風呂にそれぞれ露天風呂がありますので4種類のお風呂を楽しめるということになります。

IMG_0000_155046.jpg

また、それ以外に、川沿いのこちらの通路を進んでいきますと、

IMG_0000_155147.jpg

もいっこ露天風呂がありますので全部で5種類のお風呂が楽しめます。(浴室内は撮影禁止でしたので画像はありません。)

ちなみに自分は5種類とも入ってみましたが一番気に入ったのは鴻朧館の露天風呂でした。露天風呂というとどうしても木の葉が浮いていたり周りに土むき出しの部分があったりして清潔感に欠けるなぁと思うことがあるんですが、鴻朧館の露天風呂は清潔感溢れるお風呂でなかなか入り心地が良かったです。

IMG_0000_154645.jpg

自分が宿泊したのは5階のお部屋です。こちらはエレベーターホールです。

IMG_0000_154632.jpg

廊下はこんな感じ。

IMG_0000_152451.jpg

部屋は旅館の和室ではなくビジホシングル仕様です。

IMG_0000_152504.jpg

この部屋なんで一泊二食で有馬温泉にしては安い値段で出ていたのかも…有馬温泉は値段が高めだと言われてるらしいです。

IMG_0000_152921.jpg


IMG_0000_152534.jpg

一番安いプランでしたんで眺望も期待してはいけません…^ - ^

IMG_0000_152601.jpg

バストイレもビジホ仕様ですね。

IMG_0000_152617.jpg

セキュリティボックスがありました。ちなみに温泉街をプラプラしているとかなりの外国人観光客が来ている印象だったんですが、こちらの旅館ではほとんど見かけませんでした。お風呂で一組会っただけだったと思います。(小さい男の子がいたんですがなかなかやんちゃで可愛らしかった。)

IMG_0000_152658.jpg

部屋に用意されていたお菓子、フツーのお饅頭です。

IMG_0000_152812.jpg

当然ながら冷蔵庫の中身は有料です。

部屋は広いとは言えませんが、一人でお風呂はいってご飯食べて寝るだけならば自分の場合は全く問題ありませんでした。

次回は鴻朧館の食事をご紹介したいと思います。





にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
国内旅行CM:0

有馬温泉に行く前に 神戸牛 八坐和(やざわ) 阪急三宮店でランチ

2018/05/04(金) 20:58

IMG_0000_132233.jpg

こんばんは、レオナルド・ディカプリオです、違うか by 高田純次

沖縄の記事が終わってしまったので、先日行ってきた有馬温泉一泊二日の記事を書いていきます(「バンコクで…ってタイトルのブログで有馬温泉の記事って…ご勘弁くださいm(_ _)m ところで、有馬温泉って関西圏ではなかなか有名な温泉だと思うんですが、関西以外ではメジャーではないのでしょうか?)。

今日は、その有馬温泉に行く前のランチのご紹介です。

今回は行きは電車で、帰りは、たまたまちょうどいい時間にバスがあったんで、バスと電車で行ってきました。

自分の住んでる場所から電車だと、梅田まで行って、そっから神戸の三宮で乗り換えて有馬温泉へ、という行程です。ランチは梅田にしようかとも思ったんですが、三宮にもなかなか行く機会がないし、せっかくなのでということで三宮でランチすることに。

IMG_0000_134509.jpg

せっかく神戸に来たんだから、やっぱ神戸牛かなぁということで、まずはステーキランドという有名なお店に行ってみたんですが…めちゃめちゃ混んでました(外国の方がホント多かった)。んで、サクッとあきらめまして、付近をプラプラして見つけたのが神戸牛 八坐和(やざわ)です。

IMG_0000_132220.jpg

しかし神戸牛って高いんですねー。神戸だったら手軽な値段で食べられるのかと思ってました…ハハハ

画像のランチなんですが、お値段 1,500円とこちらのお店では目玉的に安くなっとります。ただ、見てもらえばお分かりのように肉が少ないです(;д;) メニューにもきちんと表記してありますが60グラムしかありません(ちなみに、注文する時には、少々硬い部位のお肉になりますがよろしいですかと確認がありました)。

お味の方は、これが神戸牛か!というような感じではなくフツーに美味しかったです。やはり、もっと高いメニューでなければ神戸牛の良さは味わえないのでしょうか。これならば神戸牛にこだわることなくフツーのステーキランチを食べた方が満足度は高いと思います(決して、このお店がどうのこうのと言うことではなく、神戸牛というものがそういうものなのではではないのかと…)。

IMG_0000_131616.jpg

あ、サラダもついてました。

あと、やはり、これだけでは物足りないので、

IMG_0000_133824.jpg

神戸牛の握り、並(500円)と上(800円)を一貫ずつ追加しました。こちらは神戸牛らしさが垣間見れたような気がしましたが…結局よくわかりませんヾ(ーー ) やっぱ自分のようなB級の舌ではダメですね。(画像の補正、ちょっと赤強すぎました。)

どうまとめて良いか分からないので、これにて失礼・△・)ノ




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
国内旅行CM:0

沖縄 気絶するほど居心地の良い那覇、旭橋の居酒屋ぶちくん

2018/05/02(水) 19:41

IMG_0000_215819.jpg

こんばんは。

今日は旭橋の居酒屋ぶちくんをご紹介したいと思います。自分が泊まってたダブルツリー那覇から歩いて行けます。

とても居心地の良いお店で、実は2晩連続で行っちゃいました(^^;;

IMG_0000_204549.jpg

カウンターの一番端の席から撮ってみました。

で、タイトルの気絶するほど…なんですが…

ぶちくんって言葉をネットで調べてみたら沖縄の言葉で気絶、卒倒など気を失うという意味の言葉みたいです(ただ、ほとんど使われない言葉のようです)。

このお店の店名のぶちくんが、そのぶちくんという言葉なのかどうかは分からないんですが…

そうだとしたら、気絶するまで飲めと言うことでしょうか^^;

IMG_0000_194032.jpg

まま、それは冗談として本当に居心地の良い空間でした。

IMG_0000_202341.jpg

旭橋というツーリストの多いエリアのお店ではありますが、自分が行った時は、お客さんは沖縄の方ばかりでした。

IMG_0000_202422.jpg

海ぶどうを頼んだら、ちょっとしか残ってないからということでサービスしていただきました。ありがとうございました。

IMG_0000_203047.jpg

お店は女性2人で切り盛りされていて、付かず離れずのなんとも言えないサービス具合が心地よいです。料理も手作りで、どれもとても美味しかったです。

画像は自家製ソーセージです。

IMG_0000_204810.jpg

こちらは島らっきょう(沖縄には何回か行ってますが実は初めて食べました)。

IMG_0000_201612.jpg

こちらはテビチ(豚足)です。

まぁ、見た目は…かもしれませんが、これがかなり美味しかったです。聞くと桜のチップでスモークしているとのことでした。

IMG_0000_212251 (1)

卵焼き

IMG_0000_214444.jpg

餃子

こういう普通のものが普通に美味しいというのがとても重要だと思います(^ ^)

IMG_0000_214248.jpg


IMG_0000_210831.jpg

上の二品はサービスで出していただいたものです。ありがとうございました。

また那覇に行ったらこちらのお店に行くのがすごく楽しみです(いつ行けるか分からんけど( ; ; )




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
国内旅行CM:0
ホーム全記事一覧次のページ >>

Twitter

リンク

 


プラクルアン プラの道

あわせて読みたいブログパーツ



メールフォーム

名前:
メールアドレス:
タイトル:
本文:

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Copyright(C) 2006 バンコクで駄目日本人になりたい All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。