バンコクで駄目日本人になりたい

バンコク・パタヤなどタイの旅行記・レストラン情報などと言いつつ最近は国内旅行が

プロフィール

チキン



damenihonjin.gif

 

タグクラウド

最近の記事+コメント

 

カテゴリー

 

月別アーカイブ

最後の最後に意味なく集合店舗の画像をアップ

2016/02/15(月) 20:37

P1000315.jpg

先月のタイ旅行は昨日で最後の記事の予定でしたが、せっかく撮ってきたので最後の最後に意味なく集合店舗の画像をアップさせていただきました。

もう1枚ありますので、よければどーぞ↓


























P1920399_nana.jpg

ではでは(^○^)




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
泰在記CM:0

アユタヤを巡る ワット・マヘーヨン Wat Maheyong

2016/02/12(金) 20:16

P1920316.jpg

アユタヤ観光もいよいよ最後のお寺になりました。最後に訪れたのはワット・マヘーヨン。

こちらの遺跡はツアー等ではまず訪れる事のない遺跡です(タイ創和サービスのドライバーさんも知らなかったぐらいですから。)

P1920303.jpg

1438年にチャオサームプラヤー王により建立されたとされる寺院で、スコータイなどでも見られるスリランカ様式を取り入れています。(と、ネットに書いてありました(^^;;

P1920306.jpg


P1920307.jpg


P1920319.jpg


P1920314.jpg


P1920312.jpg


こちらの遺跡の見学を終えたのが午後4時頃、もうひとつぐらい見に行けるかなぁって時間帯ではあったのですが、久しぶりに日中、外を歩き回って疲れてしまったのでバンコクに戻る事に。夕方5時過ぎぐらいにバンコクに無事到着しました。

今回は日帰りでたくさんの遺跡を巡りましたが、時間があればアユタヤには是非泊まってみたいと思っています。遺跡のライトアップにも行ってみたいですしね。






にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
泰在記CM:0

アユタヤを巡る 遺跡見学の注意事項は守りましょう

2016/02/11(木) 19:50

P1920135.jpg


こんばんは、今頃は博多で飲んで食べて楽しんでいるはずのチキンです。予約投稿にてお送りいたします。

さて、画像はアユタヤの遺跡で良く見かける注意書きの看板です。どれもやってはいけない事なのですが、中でも、コレ酷いよなぁ、と思ったのが上段真ん中

「頭のない仏像の上に、自分の顔を置いて写真を撮るようなことをしないでください」

んな事するヤツいんのかいって感じなんですが、書いてある事を思うといるんでしょうね。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
泰在記CM:0

こんなところにまでコヤツがおるとは、知らなんだ

2016/02/10(水) 20:33

P1000345.jpg

エンポリアムのスーパーでお土産をちょこっと買った後、エレベーターに乗っていたら、





ん。






P1000347.jpg

ここまで進出していたとは、

知らなんだ。

昨年、仕事で熊本に行った時、くまモンのあまりの露出度の高さに驚いたのだが、エンポリにもいたとは。

しかしながら、日本のような人気はないようで、周りには誰もいませんでした。

ガンバレ、くまモン(^ ^)


因みに、もう少しで1月のタイ旅行の記事の更新が終わる予定なんですが、自分は明日から福岡に行ってきます、ではでは。






にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
泰在記CM:0

アユタヤを巡る ワット・ラーチャブラナ วัดราชบูรณะ

2016/02/08(月) 19:14

P1920284.jpg

アユタヤ観光も終盤なんで、たまには解説っぽいことも書いてみます。

P1920289.jpg

ワット・ラーチャブラナは、1424年、ボーロマラーチャーティラート2世が建立したと言われています。

ボーロマラーチャーティラート2世には兄が二人おり、王位継承を巡り殺しあってしまったため、その二人の冥福のため、この寺院を建立しました。

P1920293.jpg

そのためなのかどうか、この寺院を最初に訪れた国王はすぐに死ぬという預言?伝説?があったようで、歴代のアユタヤの王は誰もこの寺院を訪れなかったようです。

P1920298.jpg

自分が行った時はドイツのチームによる修復作業が行われているようでした。

P1920302.jpg





にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
泰在記CM:0

アユタヤを巡る ワット・ウォラチェート・ターラーム

2016/02/06(土) 20:04

P1920276.jpg

P1920267.jpg

こちらはツアー等ではまず立ち寄らないところかと思います。

P1920279_Fotor.jpg

先日紹介したワット・ローカヤー・スターの近くにある遺跡なんで、車窓から見えることはあるかもしれません。

P1920282.jpg

観光客は自分ともう一組のみでゆっくりと見学できました。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
泰在記CM:0

アユタヤを巡る ワット・ローカヤ・スター วัดโลกยสุธาราม

2016/02/04(木) 19:40

P1920255.jpg

ランチの後に訪れたのはワット・ローカヤ・スターWat Lokaya Suthaです。

P1920265.jpg

高さ5m、全長28mの寝釈迦仏です。

P1920260.jpg

寝釈迦仏の後ろには寺院跡が広がっています。

P1920263.jpg

ここでも遺跡の犬がバテとりました。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
泰在記CM:0
ホーム全記事一覧次のページ >>

Twitter

リンク

 


プラクルアン プラの道

あわせて読みたいブログパーツ



メールフォーム

名前:
メールアドレス:
タイトル:
本文:

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright(C) 2006 バンコクで駄目日本人になりたい All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.