バンコクで駄目日本人になりたい

バンコク・パタヤなどタイの旅行記・レストラン情報などと言いつつ最近は国内旅行が

プロフィール

チキン



damenihonjin.gif

 

タグクラウド

最近の記事+コメント

 

カテゴリー

 

月別アーカイブ

さよなら FUJI FILM富士フィルムFinePix F401ありがとう

2017/08/11(金) 19:05

DSCF0036_201708111304498de.jpg

こんばんは。

昨日、一昨日と痛飲してしまい駄目駄目な火薬田ドンです。

昨日はやめとこうと思ったんですけど3連休&お盆休み前ってことで、どうしようもなく飲みに行きたくなってしまったんですよねー。

付き合ってくれた二人に感謝です。

さて、ソニーのRX100M3を購入したんですが、自分としては珍しくネットではなく実店舗で購入いたしました。

カメラのキタムラでカメラの下取りがあると価格コムの最安値よりもちょっとだけ安くなったんで。

で、下取りに出したのが、
IMG_1048.jpg

富士フィルムのFinePix F401です。

おそらく今から15年前の2002年に購入、自分が初めて買ったデジカメです。(それまではフィルムカメラだったんで。)

このカメラの一番の思い出はやっぱカンボジアにアンコールワットを観に行ったこと(2002年9月です)。

懐かしくなったんで、その時の写真をちょっと補正してアップしてみます。

DSCF0058_20170811130446dbd.jpg

スペックは、

400万画素(総画素)210万画素(有効画素)
1/2.7型CCD
ローパスフィルターレス  
撮像素子 1/2.7型CCD
F2.8~F4.8
光学ズーム3 倍
焦点距離38mm~114mm
F値 F2.8~F4.8
ISO200~1600

です。

DSCF0031.jpg

ISO1600までとか、今では考えられないスペックなんですけどね。

でも、今、2002年の写真を見返して見て、自分ながらにとってもいい写りだと思います。

スペックは先ほど書いた通り今のカメラにははるかに及びませんが、旅の思い出と相まって、本当にいい感じに撮れてるなぁって思います。

下取りに出したのをちょっと後悔しております。やっぱ富士の色は良いのかな。

DSCF0095_2017081113044761f.jpg

なんか古いデジカメにも興味が出てきてコンタックスTVSデジタルなんかのこと調べたりしてます。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
旅の道具CM:0

SONY ソニー Cyber-shot サイバーショット DSC-RX100M3

2017/08/05(土) 19:34

IMG_0825_201708051534442e5.jpg

こんばんは。

なんか今週は一週間長かった。

さて、前回のニューバランスに続いてお買い物シリーズが続きますが、ソニーの1インチコンデジ、DSC-RX100M3を購入いたしました。

今月下旬から久々の海外に行くのは既にお伝えした通りなんですが、今回は自分にしては珍しく1カ所に滞在するのではなく、あっちゃこっちゃ行ったり来たりの行程を組んでおります。

移動が多くなるんでニコンD750を持ってくのはちょっとキツイかなということで。

IMG_0814.jpg

少し前の「旅カメラについて考えてみました」というエントリーで書いた

ソニー サイバーショットDSC-RX100M3
キヤノンPowerShot G7 X MarkII
パナソニックLUMIX LX9

にキヤノンPowerShot G5 Xも加えて悩んだ結果ソニー サイバーショットDSC-RX100M3を購入いたしました。

IMG_0822_2017080515344147b.jpg

グリップも合わせて購入いたしました。

悩んだ結果、最終的にはRX100M3かLX9かってことになったんですが、で、なんでRX100M3というところを書き出すととても長くなるんで止めときます。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
旅の道具CM:0

パナソニックLUMIX DMC-XS3 手持ち夜景モードでの撮影

2017/06/11(日) 18:43

P1010338.jpg

こんばんは。

昨日アップしたヒルトン大阪では33階のお部屋にに宿泊いたしました。

天気も良く景色がとても良かったんで写真を撮りたくなったんですが、持ってきているのはLUMIX DMC-XS3のみで三脚ももちろん持ってません。

なので、LUMIX DMC-XS3のシーンモードにある手持ち夜景モードで撮ってみることに。

P1010332.jpg

以外にも(と言ったら怒られますね)上手く撮れたと思うんでアップさせていただきました。

LUMIX DMC-XS3なんでRAWではなくもちろんJPEG、マックの”写真”で少し調整しています。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
旅の道具CM:0

旅の空からIXYで

2011/11/15(火) 20:30

IMG_0224.jpg

自分的には、なかなかうまく撮れたんじゃないかと。






にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
旅の道具CM:2

バンコクの夜の街をIXYで.....

2011/10/28(金) 20:30

こんばんは(^-^)/

センターポイントスクンビットの部屋からアソーク方面の夜景を撮ってみました。(三脚等はナシ、手持ちでパシャッとやっただけです。)

IMG_0113.jpg

う~ん、ダメですな。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
旅の道具CM:0

IXYの撮影モードで遊ぶのだ

2011/10/19(水) 20:30

こんばんは((((*´ー`) ♪

いやぁ、電子機器の進化は凄まじいですね。

IXY 410Fには色んな撮影モードがあって目からウロコです。

オールドポスター風、魚眼レンズ風、トイカメラ風など色んな効果が選べるのですが、自分が1番気に入っているのがジオラマ風です。風景をミニチュア模型みたくしちゃいます。

IMG_0204.jpg


IMG_0200.jpg


IMG_0139.jpg


IMG_0135.jpg

いずれもホテルの部屋からの景色を撮ってみました。

ミニチュア模型っぽく見えますかね?




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
旅の道具CM:0

Canon IXY 410Fで撮るのだ

2011/10/11(火) 20:30

こんばんは。

早速今回の泰在記を、と、いきたいところなんですが、今回から撮影の機材(って言う程のもんじゃないですが)が新しくなりました。

Canon デジタルカメラ IXY 410F シルバー IXY410F(SL)

キャノンのIXY 410F です。

既にニューモデルの600Fが出てますが、410Fよりほんのちょっとサイズが大きいんですよね。値段的にも差がありますしね。

ホントは今まで足掛け10年も頑張ってくれた富士フィルムのFinePixの新しいモデルをと思っていたんですが、サイズを最優先したらキャノンになっちゃいました。

ソニーでもう少し小さいのがあったんですが、実際にお店に行って触ってみたら操作反応がキャノンの方がキビキビしていたのでコチラに決めました。

ケースはHAKUBAのピクスギア スリムレザーカメラケースのホワイトを使ってます。

4977187280555.jpg

IXY 410Fにほぼピッタリのサイズで、なかなか感じの良いレザー製なので愛着が湧きそうな一品です。

あ、実は今回、早速、手を滑らせて落下させてしまいました。

ヤベっと思いましたが今のところ正常に作動しております。

やっぱストラップつけた方が良いかなぁ~.......でも何かじゃまなんですよねぇ。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
旅の道具CM:0
ホーム全記事一覧次のページ >>

Twitter

リンク

 


プラクルアン プラの道

あわせて読みたいブログパーツ



メールフォーム

名前:
メールアドレス:
タイトル:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright(C) 2006 バンコクで駄目日本人になりたい All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.