バンコクで駄目日本人になりたい

バンコク・パタヤなどタイの旅行記・レストラン情報などと言いつつ最近は国内旅行が

プロフィール

チキン



damenihonjin.gif

 

タグクラウド

最近の記事+コメント

 

カテゴリー

 

月別アーカイブ

マカオ歴史地区 世界遺産を巡る 鄭家屋敷から聖ローレンス教会へ

2017/09/19(火) 19:41

DSC00527.jpg
Casa do Mandarin,MACAU / SONY DSC-RX100M3 24mm F4.0 1/500 ISO125


こんばんは。

リラウ広場からすぐの鄭家屋敷(Casa do Mandarim 鄭家大屋)です。

DSC00528.jpg



中国近代の思想家、鄭觀應の故居で1811年に建てられました。西洋の建築手法を取り入れた、初期のマカオの中国建築といわれています。敷地面積は4000平方メートルもあり、多い時で300名ほどが住んでいました。2002年からの修復で、長い間、公開されていませんでしたが、2010年2月に修復を終え、一般公開されるようになりました。(マカオナビ)


DSC00522.jpg

こちらには受付のようなところがあって(入場料は無料なんですが)、どっから来たか聞かれました。

ウェブサイト(http://www.wh.mo/mandarinhouse)もあるようなんで、そういったものの運営の参考にでもするんですかね。

DSC00525.jpg

そういえば、金沢の兼六園に行った時も、受付で外国の方にはどっから来たか聞いてましたね。

DSC00526.jpg

続いて、聖ローレンス教会へ向かいます。

DSC00531.jpg

こんな感じの道を進んでいきます。何度も言って申し訳ないですが、暑かったです。

DSC00533.jpg

到着(^o^)/

DSC00547.jpg

内部も見学させていただきました。

DSC00538.jpg

こんな感じです。

そして、こちらの教会で、何と言っても美しいのが、

DSC00539.jpg

ステンドグラスです。

結構な枚数撮影したんですが、この写真がまだ何とかって感じです。この時は、ニコン持って来れば良かったかなぁ、なんて思ったんですが、よく考えたら、この暑さの中で、重たいニコン持ってこんなに歩くの無理!

それに、カメラが良くても腕が、っつーところがありますからね。

DSC00546.jpg


DSC00545.jpg

まだまだ歩きます。






にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
香港・マカオCM:0

マカオ歴史地区 世界遺産を巡る 媽閣廟 マー コ ミュウから歩いて北上

2017/09/18(月) 11:54

DSC00494.jpg
A path leading to world heritage,MACAU / SONY DSC-RX100M3 24mm F4.0 1/160 ISO125


どもども(^o^)

さて、ギア要塞の見学を終えた後は予定通りタクシーで媽閣廟(マー コ ミュウ)へ、

ということろだったんですが…

なかなかタクシーが見つかりません(゚´Д`゚)

マカオはホテルなど特定の場所以外ではタクシーを見つけるのに結構苦労するかなぁという印象でした。

暑い中かなり時間がかかって、やっと見つけたタクシーなんですが、乗務員さんはかなり若い方で…

コイツ(方からコイツに格下げ(-∀-)が、飛ばす飛ばす。

オマエはスワンナプームに向かうバンコクのタクシードライバーか、と、ツッコミを入れたくなるほどでした。

そして、ぶっ飛ばしながら、スマホをイジるイジる。気のいい兄ちゃんだったんすけどね。

マカオでは5回タクシーに乗ったんですが、この方以外は極めて安全運転でしたので。

DSC00502.jpg

ハラハラドキドキしながら媽閣廟に到着です。


媽閣廟があるバラ岬は、ポルトガル人が最初に植民を行った場所と信じられていて、「媽閣」の広東語読みがマカオの名前の由来になったとされています。阿媽は海の女神で、台湾や中国南方で信仰されている神様です。媽閣廟にある4つある廟のうち、3つに阿媽が祀られています。毎年、旧暦3月23日に阿媽の誕生日を祝う祭りが行われます。(マカオナビ)


DSC00503.jpg

なんか沖縄っぽいなぁと思うのは自分だけでしょうか(首里城とかとイメージがかぶります)。

DSC00510.jpg

お願い事いっぱい。

DSC00499.jpg

媽閣廟の前のバラ広場も世界遺産です。

DSC00516.jpg

続いては、媽閣廟から歩いてすぐの港務局ビル(Quartel dos Mouros 港務局大樓)です。


1874年、マカオの警察部隊を補強するためにインド・ゴアから派遣された連隊の宿泊施設として建築されました。現在は海事水務局として使用されています。建物はムガール帝国の建築要素を反映した新古典様式の建築です。(マカオ観光局HP)


DSC00517.jpg

こんな素晴らしいデザインの建築が1874年のものだなんて驚きです、

DSC00518.jpg

港務局ビルから、こんな感じの道を暫し歩きます。それにしても暑かった。

DSC00519.jpg

リラウ広場に到着しました。


リラウとはポルトガル語で山からでた湧き水のことです。昔、ここはマカオの貴重な水源のひとつで、ポルトガル人が早くから居住していた地区でした。当時の民謡に「リラウの水を飲んだ者はマカオを決して忘れない。マカオで家を持ち、マカオに帰るだろう」という歌があり、ここから湧き出る水はそれほどポルトガル人によって貴重でした。現在ではこの井戸はマカオ政府によって、ふさがれています。(マカオナビ)


ほのぼのとしたいい感じの場所でした。

次回に続きます。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
香港・マカオCM:0

マカオ歴史地区 世界遺産を巡る ギア要塞 Guia Fortress

2017/09/17(日) 13:29

DSC00467.jpg
View of Grand Lisboa Hotel from Guia Fortress / SONY DSC-RX100M3 70mm F5.6 1/125 ISO125


ども、エセレブです(○゚ω゚)ノ

マカオ滞在2日目は移動もお休みで丸一日フリーですので、出発前から世界文化遺産の見学をしようと決めておりました。

天気も良く(かなり暑かったです)しっかりと観光してきましたので、何回かに分けてお届けしたいと思ってます。

マカオの世界遺産は22の建築物と8カ所の広場で、合わせて30、絶対にコンプリート、というわけではありませんが、出来るだけたくさん見たいなと思い、どのような順序で見学するのが効率的か、ネットで旅行記などを見て考えた結果、

1つだけ少し離れた場所にあるギア要塞に最初にホテルからタクシーで行って、その後、またタクシーで媽閣廟まで移動、そこから歩いて北上しながら見学する、というのが効率的ではないかと。

ということで、まずはタクシーでギア要塞まで。かなり高台までタクシーでやってきましたが、まだそこから徒歩で登ります。

DSC00461.jpg

途中に白い鳩がいました。人に慣れてるのか、なかなか逃げません。可愛いですね。

そして、ほぼほぼ登りきったあたりが、ギア要塞の一番の見所であるギア教会とギア灯台なんですが・・・

DSC00474.jpg

立入禁止でした(゚д゚)鳩は入っとりますが(^-^)

実は、自分がマカオにやってくる直前に台風13号(何の因果か名前がハトです)がマカオを直撃し、死者も出るなど相当な被害があったようです。

DSC00465.jpg

ギア要塞も画像のようにところどころひどい状況で立入禁止もその影響だと思われます。

DSC00480.jpg

こちらもひどいですね。

後々出てくるんですが、自分が行った世界遺産でギア要塞以外にも台風の被害の影響で入場できないところがいくつかありました。それはそれで残念ではあったんですが、というよりも、そんな時にのこのこ遊びに来てすんませんって感じでした。

DSC00471.jpg

ギア灯台は後側からなんとか見えました。

DSC00476.jpg

世界遺産には、このような案内があります。日本語の案内もあるのでありがたいですね。

マカオ観光局HPのギア要塞の説明を貼っておきます。

1622 年から1638年にかけて築かれた要塞内にあるギア教会は、聖クレア修道院を建設する前にギアの丘に居住していたクラリスト修道女によって建立されたものです。ギア教会の精巧なフレスコ画は、宗教的および神話的なモチーフを表した西洋と東洋双方のテーマを扱っていることから、マカオの多文化的融合をよく表しているといえます。同じ敷地内に建つギア灯台は、1865年に中国沿岸初の近代的灯台として建てられたものです。教会と灯台、そしてギア要塞は合わせてマカオの過去の海事、軍事および宣教を表すシンボルと言えるでしょう。

DSC00482.jpg


DSC00479.jpg


DSC00483.jpg


DSC00487.jpg

高台にあるのでとても景色がいいですね。

では、予定通りタクシーで媽閣廟に向かいます。


台風で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被害にあわれた方々が1日も早く元の生活に戻れることをお祈りしています。






にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ banner_01.gif
タイ・ブログランキング キングオブタイブログ にほんブログ村 海外生活ブログへ
香港・マカオCM:0
ホーム全記事一覧次のページ >>

Twitter

リンク

 


プラクルアン プラの道

あわせて読みたいブログパーツ



メールフォーム

名前:
メールアドレス:
タイトル:
本文:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Copyright(C) 2006 バンコクで駄目日本人になりたい All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.